ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 感染症情報> 動物由来感染症> エボラ出血熱について

エボラ出血熱について

 

エボラ出血熱は、主として患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)に触れることにより感染する疾病です。
これまでに、アフリカ中央部のコンゴ民主共和国、スーダン、ウガンダ、ガボンやアフリカ西部のギニア、リベリア、シエラレオネ、マリ、ナイジェリア、コートジボワールで発生しています。2014年3月以降、ギニア、リベリア、シエラレオネ、マリ、ナイジェリアでエボラ出血熱の大規模流行が発生しました。
2018年8月1日からコンゴ民主共和国の北キブ州およびイツリ州においてエボラ出血熱のアウトブレイクが続いており、2019年6月11日には隣国のウガンダ共和国のカセセ県でも患者が確認されました。

 

1 エボラ出血熱について

エボラ出血熱とは?

1 病原体

 

エボラウイルス(フィロウイルス科)

 

2 感染経路

 

主として患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)に触れることにより感染する。

感染したサルなどの動物の血液、分泌物、排泄物、唾液などとの接触でも感染する可能性もある。

また流行地域の洞窟に入ることは、感染したコウモリと接触するおそれがあるため感染リスクの1つである。

 

3 潜伏期

 

2~21日(平均約1週間)

 

4 診断と治療

 

 (1)    臨床症状:

    発症は突発的である。
    症状は発熱、倦怠感、食欲低下、頭痛など。その後嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状が見られる。
    重症例では神経症状、出血症状、血圧低下などが見られ死亡する。
    致死率はウイルスによって異なるが、高いものだと80-90%と報告されている。
    後遺症として関節痛、視力障害、聴力障害などが見られることがある。 
  (2)   診断:血液、咽頭拭い液、尿から病原体や病原体、病原体の抗原又は遺伝子の検出、血清から抗体の検出

  (3)   治療:対症療法

 

5 予防

流行している地域への旅行を控える。野生動物や患者に直接触れない。洞窟に入らない。
 

ページの先頭へ戻る

2 Q&A

  PDF エボラ出血熱に関するQ&A  (2019年7月24日更新) [660KB]
  サイト内リンク FAQ: Ebola Haemorrhagic Fever

ページの先頭へ戻る

3 自治体、医療機関等向けの情報

2019年07月18日掲載 PDF「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を受けたエボラ出血熱に係る協力依頼について
(自治体宛て通知)
[2,267KB]
2019年07月18日掲載 PDF「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を受けたエボラ出血熱に係る検疫対応の強化に
際しての協力依頼について(法務省宛て通知)
[2,144KB]
2019年07月18日掲載 PDF「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を受けたエボラ出血熱に係る注意喚起について
(国土交通省宛て事務連絡)
[2,310KB]
2019年07月18日掲載 PDF「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を受けたエボラ出血熱に係る協力依頼について
(日本医師会宛て事務連絡)
[2,246KB]
2019年06月18日掲載 PDF エボラ出血熱に係る注意喚起について(事務連絡) [104KB]
2018年08月02日掲載 PDF エボラ出血熱に係る注意喚起について(事務連絡) [55KB]
2018年05月09日掲載 PDF エボラ出血熱に係る注意喚起について(事務連絡) [53KB]
2017年10月02日掲載 PDF エボラ出血熱についてのリスクアセスメント更新とそれに伴う対応の変更について(通知) [200KB]
2017年06月30日掲載 PDF 「ウイルス性出血熱への行政対応の手引き(第二版)」の周知について(事務連絡) [953KB]
2017年05月13日掲載 PDF エボラ出血熱に係る注意喚起について(事務連絡) [1,040KB]
2016年06月29日掲載 PDF ウイルス性出血熱への行政対応の手引きの周知について(事務連絡) [3,190KB]
2016年02月24日掲載 PDF 西アフリカにおけるエボラ出血熱への検疫対応について(通知) [629KB]
2016年01月04日掲載 PDF 西アフリカにおけるエボラ出血熱の終息を踏まえた対応について(通知) [106KB]
2015年10月02日掲載 PDF エボラ出血熱の国内発生を想定した対応について(通知) [2,380KB]
  サイト内リンク 過去の通知一覧

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

5 報道発表資料

2019年08月04日掲載 サイト内リンクエボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
2019年08月04日掲載 サイト内リンクエボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2019年07月18日掲載 サイト内リンク コンゴ民主共和国におけるエボラ出血熱に関する世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言
2017年05月13日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱に係る注意喚起について
2016年01月04日掲載 PDF ギニアにおけるエボラ出血熱流行の終息宣言を踏まえた検疫及び国内における対応について [290KB]
2015年07月16日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
  サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2015年07月01日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
  サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2015年05月18日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
  サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の検体の状況について
  サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2015年05月15日掲載 サイト内リンク WHOミッションへの日本人専門家の参加
2015年05月11日掲載 PDF リベリアにおけるエボラ出血熱流行の終息宣言を踏まえた検疫及び国内における対応について [2KB]
2015年04月17日掲載 サイト内リンク (1)WHOミッションへの日本人専門家の参加
  サイト内リンク (2)WHOミッションへの日本人専門家の参加
2015年03月16日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
2015年03月16日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2015年03月13日掲載 サイト内リンク (1)WHOミッションへの日本人専門家の参加
  サイト内リンク (2)WHOミッションへの日本人専門家の参加
2015年01月30日掲載 サイト内リンク WHOミッションへの日本人専門家の参加
2015年01月19日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得るとされた患者の検査結果(陰性)について
2015年01月18日掲載 サイト内リンク エボラ出血熱への感染があり得る患者の発生について
2015年01月06日掲載 サイト内リンク (1)WHOミッションへの日本人専門家の参加
  サイト内リンク (2)WHOミッションへの日本人専門家の参加
  サイト内リンク 平成26年一覧

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 健康> 感染症情報> 動物由来感染症> エボラ出血熱について

ページの先頭へ戻る