就職氷河期世代活躍
支援プランについて

就職氷河期とは

1990年代〜2000年代の雇用環境が厳しい時期に就職活動を行った世代を就職氷河期世代と呼び、希望する就職ができず

  • 不本意ながら
    不安定な仕事に就いている
  • 無業の状態にある
  • 社会参加に向けた支援を
    必要とする

など、様々な課題に直面している方が多数います。

1990’s → 2000’s

PLANS

厚生労働省では、就職氷河期世代の方々の、就職・正社員化の実現、多様な社会参加への実現を目指した支援プランを策定しました。新たに地域ごとのプラットフォームを設け、

  • ハローワーク
  • 地域若者サポートステーション
  • ひきこもり地域支援センター
  • 自立相談支援機関

等の地域基盤を活用し、民間支援機関等との連携を図りながら、地域一体となって支援を行います。支援が必要なすべての方に対し、それぞれの状況に合わせたきめ細かな支援が届くようサポートしていきます。

就職氷河期世代

無料相談

無料支援

地域ごとの
プラットフォーム

  • ハローワーク専門窓口
  • 地域若者

    サポートステーション
  • ひきこもり

    地域支援センター
  • 自立相談支援機関

など

  • 01

    安定就職に向けた支援

    ハローワークでは不安定な就労状態にある方が利用できる専門窓口を設置し、無料で受講可能な職業訓練の提供と安定就労に有効な資格習得支援を行い、求人とのマッチングの上、就職・正社員化の実現を目指します。

  • 02

    就職実現に向けた
    基盤整備

    地域若者サポートステーション(サポステ)では、何らかの理由により現在仕事をしていない方を対象に、就職のための準備から職場定着・ステップアップまでの継続的な支援を行います。

  • 03

    社会参加
    向けたプログラム

    ひきこもりの専門的な相談窓口であるひきこもり地域支援センター、身近な生活全般の相談窓口である自立相談支援機関などが関係機関と連携して、就労のみならず居場所づくりなど社会参加の支援を行います。

さらに詳しく
知りたい方はこちら

厚生労働省では、就職氷河期世代に向けた支援プランを掲げています。支援プランの本文や、政府全体としての行動計画は、以下のリンクからご確認いただけます。

↑

先頭に戻る