国立療養所奄美和光園

文字サイズ変更

倫理

臨床における倫理の方針

  1. 入所者の人格を尊重し、やさしい心で接するとともに、医療内容について分かりやすく説明し、信頼を得るように努めます。
  2. 個人の権利と価値観を尊重し、入所者自らが望む医療の提供に心がけます。
  3. 医療内容の様々な選択肢について、自ら理解し選択できるようわかりやすい言葉で十分に説明し、そのための必要な支援を行います。また、専門的な治療を行う病院の情報提供を行い、セカンドオピニオンにも対応します。
  4. 入所者本人が意思決定能力を欠く場合は、入所者個人の利益を守る立場から家族もしくは法定代理人と相談します。
  5. 情報公開を推進するとともに、入所者のプライバシーや個人情報を保護します。
  6. 入所者本人が生命維持のための積極的な治療を希望される場合は当園で出来得る治療を提供し、治療を希望されない場合は自然な終末期治療を心掛けます。
  7. 終末期には、身体的、精神的、社会的な痛み等を和らげることに努め、自己の人間としての尊厳が維持され、生涯を生き抜いてきたという満足感を得ることができるようなケアを提供します。
  8. 医療行為にかかる各関係法令を遵守し、倫理に関する問題は、倫理委員会での審議結果に従います。

奄美和光園職業倫理

  1. 自らの責任と義務を自覚し、ハンセン病に理解を深め、医療・看護・介護を通して、入所者の生活の質の向上に貢献します。
  2. 自らを律し教養を深め、人格を高めるよう努めます。
  3. 良質の医療・看護・介護が提供できるよう自己研鑽に励みます。
  4. 職務遂行に当たって、品位と信用を損なう行為、信義に反する行為は致しません。
  5. 医療者として相互の立場を尊重し、チーム医療に参加し、入所者の利益のために最善を尽くします。
  6. 職務上知り得た入所者の秘密を厳守し、個人情報の保護に努め、離職した後においてもこれを守ります。

国立療養所 奄美和光園
平成22年5月22日

〒894-0007 鹿児島県奄美市名瀬和光町1700番地 Tel:0997-52-6311 Fax:0997-53-6230

日本皮膚科学会認定認定第JC1782号