国立療養所奄美和光園

文字サイズ変更

診療案内

当園では、皮膚科外来診療を行って地域医療へ貢献すると共に、開かれた和光園をめざして努力しています。

診療科 皮膚科・一般診療(完全予約制)
診察日・診療時間 月曜日・火曜日・金曜日【祝日、年末年始を除く】13:00~17:00
手術日 木曜日
予約受付時間 月~金(祝日、年末年始を除く)9:00~11:00、13:00~17:00
予約専用番号 0997-52-6324

皆さんはどのような時に「皮膚科を受診しよう」と思いますか?

  • 赤いブツブツができてかゆい
  • 水疱が連なってできて痛い
  • 虫刺されあとがジュクジュクして周りが赤く腫れてきた
  • 足の皮がむける

 見た目に変化があれば、迷わず「皮膚科」を選択するでしょう。

では、次の場合はどうでしょう?

  • 外見に変化はないのに足がしびれたり、薄皮が付いているように感覚が鈍い
  • 歩くと足が痛くなる

 このような場合は神経障害や血管障害の可能性があります。糖尿病や動脈硬化といった内科疾患や、腰部脊柱管狭窄症といった整形外科疾患かもしれません。

また、痛くもかゆくもないけれど、コブがある場合はいかがでしょう?

  • 手の指の第1関節が腫れている
  • 足の親指の付け根が腫れていて、ときどき発作的に痛くなる

 これらの場合も、疾患によって担当科が異なります。また治療の必要がない疾患もあります。


 上に挙げた例は、いずれも問診票に書かれた内容です。皮膚科外来では、大きく5つにわけて診療にあたっています。

急性の皮膚疾患(感染症を含む)

湿疹、かぶれ、おでき、急性じんましん、帯状疱疹、ウイルス性疣贅(イボ)など

慢性の皮膚疾患、自己免疫疾患

アトピー性皮膚炎、慢性じんましん、尋常性乾癬、自己免疫性水疱症

皮膚腫瘍

脂漏性角化症(老人性疣贅)、皮膚癌、皮膚悪性リンパ腫など

全身疾患に伴う皮膚症状

膠原病、糖尿病性皮膚潰瘍、慢性腎不全や血液透析に由来する皮膚掻痒症など

皮膚科以外の疾患の場合、担当科の選別

内科でも循環器科、消化器科と可能な限り細かく選別


 皮膚科は、視て、触って、診断することがほとんどですが、必要に応じて検査を行います。細胞レベルで診断をする皮膚生検ほのか、真菌の顕微鏡検査やホクロのダーモスコピー検査(拡大鏡)、パッチテストなどは皮膚科特有の検査です。

 症状が強い場合、安静が必要な場合、細かな薬剤調整が必要な場合、お住まいが遠方のため集中していろいろな検査を行いたい場合、などには、入院診療を行います。療養所の将来構想である「地域開放」の一環として、入所者とフロアを分けることなく同じ病棟で過ごし、夏祭りやクリスマス会など行事のときには、入所者と同じテーブルを囲んで楽しんでいただいています。

 また、当園は日本皮膚科学会認定の専門医研修施設です。皮膚科専門医を目指す研修医が修行する施設のことで、奄美群島で唯一、県内でも5つしかありません。一般的に研修施設は急性期病院であり、当園のように皮膚科医療とともにハンセン病や老年医学を学ぶことができる施設は珍しいと思います。興味のあるかたは、ぜひ見学にいらしてください。

2016年4月

〒894-0007 鹿児島県奄美市名瀬和光町1700番地 Tel:0997-52-6311 Fax:0997-53-6230

日本皮膚科学会認定認定第JC1782号