国立療養所奄美和光園

文字サイズ変更

ハンセン病について

ハンセン病を正しく理解していただき 開かれた和光園をめざして

  • 夏祭り
    夏祭り
  • 親善ゲートボール大会
    親善ゲートボール大会

ハンセン病は恐い病気ではありません。遺伝病でも恐ろしい伝染病でもなく、結核菌と同じ抗酸菌の一種である「らい菌」によって引き起こされる一つの慢性感染症です。
菌自体の感染力が非常に弱いうえに、ほとんどの菌が病原性を持たないので、たとえ感染したとしても発病することは極めてまれです。

現在は、リファンピシンなど種々の特効薬が開発されて、短期間に何の障害もなく治る病気となり、普通の病気と同じように一般医療機関において治療することになっています。
治療法がなかった時代は、不治の病として恐れられ、病気の後遺症が時に目立つことから、恐ろしい伝染病、あるいは遺伝病として受け止められていました。

また我が国では「らい予防法」という法律によってすべての患者を療養所に収容するという厳しい対策がとられたため、社会で病気に対する差別・偏見が助長され、患者の人権が侵害されてきました。隔離を定めた「らい予防法」は1996年廃止されましたが、1998年「らい予防法違憲国家賠償訴訟」が熊本地裁に提訴され、2001年5月「らい予防法は遅くとも昭和35年(1960)には廃止すべきであった」等の画期的判決でようやく、患者・元患者の人権が回復されることになりました。

2002年1月に和解文書が調印されて国家訴訟は全面解決へと向い、同年4月社会復帰支援事業が施行されて、和光園からも10数名の方々が社会復帰しました。
しかし大部分の入所者は長い療養生活や、重度の後遺症、高齢化に伴う合併症などで社会復帰もできず、これからも園での療養生活を希望しています。

このようなことを皆さんに正しく理解して頂き、和光園と地域社会とのバリアがなくなって、自然な交流が深まっていくことを望んでいます。

〒894-0007 鹿児島県奄美市名瀬和光町1700番地 Tel:0997-52-6311 Fax:0997-53-6230

日本皮膚科学会認定認定第JC1782号