トップへ戻る コンテンツを読み飛ばす

10代の皆さんへ

疑問「年金は老後のためっていうけど、貯金しておけばいいよね?」ガイド「公的年金は貯金ではなく、なにかあったときの保険です。貯金だけでは想定外の出来事に対応できないかもしれません」

公的年金の役割

マンガで読む公的年金 第1話 公的年金の意義

公的年金って、なんのためにあるのでしょうか。老後のため? いいえ、それだけではありません。

長い人生では、いろいろと予測できない出来事が起こります。歳をとって働くのが難しくなるだけでなく、思いがけない事故や病気で重い障害を負ってしまった、小さい子どもを残して早く亡くなってしまった……など。

公的年金は、こういった「人生におけるリスク」に対して皆さんが安心して暮らせるように、国が行っている保険制度です。

公的年金の仕組み

マンガで読む公的年金 第4話 日本の公的年金は「2階建て」

公的年金には、日本に住んでいる20歳から60歳までのすべての方が加入する「国民年金(基礎年金)」と、会社などで働く人が加入する「厚生年金」があります。

ポイント:厚生年金は20歳になる前でも加入します
20歳になる前でも、会社などでフルタイムで働いていれば、原則として厚生年金に加入します。
また、会社員などは国民年金と厚生年金の両方に加入しますが、自営業者やアルバイト(※)、学生などは、国民年金のみへの加入となります。
※アルバイトでも働き方によっては厚生年金に加入します。

加入時の手続き、必要な書類(国民年金の場合)

  1. 皆さんが20歳を迎える誕生日の前の月に、加入の手続きをするため、日本年金機構から「国民年金資格取得届」が郵送されます。
  2. この書類に必要事項を記入し、住んでいる市・区役所または町村役場か、お近くの年金事務所に提出してください。
  3. 日本年金機構での加入手続きが完了したら、「年金手帳」が郵送されます。
    ※ただし、すでに厚生年金に加入している方や、別の年金を受給している方には発行されません。
  4. その後、「国民年金保険料納付書」がお手元に届きますので、その納付書で保険料を納付してください。

ポイント:保険料を納めるには
保険料の納付は、銀行や郵便局などの金融機関のほか、コンビニエンスストアでの手続きや、口座振替、クレジットカードもご利用いただけます。
詳しくは、日本年金機構から郵送される納付書をご確認ください。

保険料を払えないときは

国民年金の保険料は、第1号被保険者であればすべての方が納めなければなりません。しかし、20歳ではまだ大学などに通っていたり、働いていても収入が少なかったりと、保険料を納めることが難しい人もたくさんいると思います。こうした方々のために、国民年金では
・学生の間は保険料の納付を先送りすることができる「学生納付特例制度
・経済的に苦しい若い人のための「若年者納付猶予制度
などを用意しています。

どちらも手続きをすれば、国民年金保険料の支払いを先送りすることができます。

制度の利用には所得などの条件がありますので、お近くの年金事務所にご相談ください。

国民年金の納付猶予と免除制度

全国の相談・手続き窓口(日本年金機構)

保険料を納めなかったらどうなる?

上記の制度を使わず、保険料を納めないままにしていると、なにかあったときに公的年金を受け取ることができません。

たとえば、大学にいる間、けがなどで重い障害を負ってしまい、その後、働くことが難しくなったとします。このとき、保険料を納付していたか、納付猶予の手続きをしていれば、障害基礎年金を受け取ることができます。しかし、なんの手続きもせず保険料を納めていないと、障害基礎年金は受け取れず、自分だけでなく支えてくれる家族なども含めてその後の人生に大きく影響してしまうのです。

もしもの事態は、このようにいつやってくるかわかりません。さまざまな事情で保険料の納付が難しい場合でも、ぜひこうした手続きをしておいてください。