園の概要

園長あいさつ | 園の概要 | 年譜 | 園内マップ | 園内行事 | 交流活動 | 公文書管理

園長あいさつ

園長この度は、星塚敬愛園のホームページをご覧いただき、有難うございます。

当園は、全国に13か所ある国立ハンセン病療養所の一つで、昭和10年10月28日に開設されました。敷地面積は約37万m²で、東京ドーム約8個分に相当し、近くには観光名所である「かのやばら園」があります。平成31年4月1日現在、入所者の方々は118名、平均年齢は87歳です。

多くの入所者の方はハンセン病後遺症と高齢化に伴う種々の疾患を抱えておられます。これまで幾多の苦難を経験されてこられた入所者の方々にとって、安心・安全かつ快適な日々の生活を提供することが私達星塚敬愛園の職員の責務と思っております。すべての入所者の方々が「敬愛園で過ごしてよかった。」と思って頂けるように、医療、看護、介護、福祉のそれぞれの分野で職員一丸となって取り組んでおります。

さらには地域との開かれた交流として、夏祭り納涼大会(今年で41回)の開催や秋には近隣の方々が参加しての近郷招待ゲートボール大会(今年で43回)を開催しています。特に夏祭りは鹿屋市恒例の一大行事ともなっております。また、啓発活動については、平成26年に社会交流会館「星塚の歴史」が完成し、星塚敬愛園の歴史やハンセン病について学ぶことができます。現在まで延べ8000名以上の方々が来館されております。

現在、ますますの高齢化で、園外への外出もままならない入所者の方も多数おられます。多くの方々に当園にお越し頂いて、入所者の皆様との語らいや触れ合いの機会が増えることを願っております。ぜひ、星塚敬愛園にお越し下さい。

園長 山元隆文

 

↑TOPへもどる

園の概要

所在地:〒893-8502 鹿児島県鹿屋市星塚町4204番地

電話: 0994-49-2500

FAX: 0994-49-2542

法人番号:6000012070001

代表者: 山元隆文

創 立: 昭和10年10月28日

標榜診療科: 内科、消化器内科、外科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻いんこう科、歯科、歯科口腔外科、病理診断科

敷 地: 372,972平方米

環 境: 大隅半島、鹿屋市街地より南8km、鹿屋台地の一角に位置し、南に横尾岳、北に高隈山を望み、風光絶景にして春秋の季長く気候温暖、周囲は桧垣に囲まれ、閑静で療養に適している

↑TOPへもどる

年譜

☆☆☆☆   星塚敬愛園 年譜  ☆☆☆☆

昭和10年

10.28

国立療養所星塚敬愛園開園式挙行(職員43名、定員300名)

11.2

患者収容始まる。
昭和12年

4.29

敬愛園園歌発表(作詞:久木田兼光(入所者)、作曲:山田耕作)
昭和21年

1.1

入所者自治組織「敬愛会」結成
昭和23年

6.1

自治会機関誌「姶良野」創刊

6.2

高松宮殿下来園
昭和25年

4.1

大姶良中学校星塚分校、西俣小学校星塚分校開校式(昭和42年2月15日まで)
昭和29年

9.1

収容定員改定(1530名)
昭和33年

6.26

高松宮殿下、同妃殿下来園
昭和46年

6.25

高松宮殿下、同妃殿下来園
昭和47年

9.15

皇太子明仁親王殿下、美智子妃殿下来園
昭和53年

8.13

第1回夏祭り納涼大会(以後、毎年開催)
昭和54年

4.9

星塚敬愛園附属看護学校第1回入学式(平成13年3月6日まで)
昭和56年

9.10

第3回全国ゲートボール大会(鹿児島市) 「鹿屋ヤンガーズ」優勝
昭和58年

6.24

「第1回貞明皇后をしのぶ在園者慰問激励の会」開催
平成元年

1.2

入所者女性、105歳誕生日(鹿屋市内最高齢者)
平成7年

10.31

「貞明皇后・高松宮をしのぶ在園者慰問激励の会」開催
三笠宮寛仁親王妃信子殿下来園
平成14年

8.2

第1回鹿児島県親子ふれあい訪問(以後、毎年開催)

12.25

第1回宮崎県親子ふれあい訪問(以後、毎年開催)
平成17年

6.22

創立70周年記念シンポジウム「星塚敬愛園の過去・現在・未来」
平成20年

1.11

母の胸に抱かれることなく逝った子供達の合同慰霊祭・記念碑除幕式
平成27年

10.28

創立80周年記念式典・祝賀会
平成28年

1.15

入所者男性、104歳誕生日(鹿屋市内男性、最高齢者)

11.1

自治会発足70周年記念式典・祝賀会

 

↑TOPへもどる

園内マップ

看板

  • 学校跡
  • 旧納骨堂
  • 旧火葬場
  • 初代火葬場跡
  • 敬愛橋
  • 御歌碑
  • 慰霊碑
  • 納骨堂
  • 宗教会館
  • ゲートボール場
  • 社会交流会館
  • 収容門

 

園内行事

星塚敬愛園では、年間を通していろいろな行事が開催されます。

春季合同慰霊祭(3月)
年間約十名がなくなる当園では、春と秋に合同慰霊祭が執り行われます。
納骨堂には、約二千柱の御霊が睡っています。

3月春季合同慰霊祭

高齢者会春の懇親会(5月中旬)
公会堂に、たくさんの入所者が集まり昼食を共にします。高齢者会で日頃から練習に励んでいる、踊りやカラオケを披露します。

5月高齢者会春の懇親会

春季ふれあいレクリェーション(5月下旬)
百万本のバラが咲きほこる鹿屋市の霧島ヶ丘公園(バラ園)にて、入所者のリハレクを行います。高齢になり、園外に出る機会が少なくなった入所者にとって、楽しみな行事の一つとなっています。

5月春のリハレク

夏祭り納涼大会(8月初旬)
来賓・入所者・職員・近隣地域から、約三千人が会場(憩いの広場)に訪れます。
ハンヤ踊りやカラオケ、露天に花火六百発も打ち上げられます。ゲストに演歌歌手を迎え盛大に開催されます。

8月夏祭り納涼大会

鹿児島県・宮崎県親子療養所訪問(8月)
鹿児島県・宮崎県の親子の方々が敬愛園を訪問します。施設見学、納骨堂と慰霊碑に献花した後、いくつかのグループに分かれて入所者宅を訪問し、体験談を聞いたりして交流の一時を過ごします。

8月鹿児島県親子療養所訪問

敬老週間(9月中旬)
敬老週間では、健康と長寿を祈願し、午後から敬老祝賀会が執り行われす。平均年齢八十五歳を越える当園では、最高年齢百五歳の入所者も元気な姿で参加されています。

9月敬老週間

近郷招待ゲートボール大会(10月初旬)
園内外から、約三〇チームが参加します。選手の高齢化が進む中、九〇歳を越えるベテラン選手もステックを交え、終始和やかに歓声を上げ、交流を楽しみます。

10月近郷ゲートボール大会

秋季ふれあいレクリェーション(10月初旬)
公会堂で昼食をとった後に、入所者と職員が一緒に玉入れなどのゲームをして楽しみます。

10月秋季ふれあいレクリェーション

カラオケ音楽同好会発表会(10月中旬)
星塚カラオケ音楽同好会の会員は約三十名、週に二回公会堂で練習をしています。年に一度の発表では、日頃の練習の成果を披露し、中にはプロ級の入所者もいて会場を沸かせます。

10月カラオケ発表会

里帰り事業(10月~11月)
全国療養所から入所者が集まる鹿児島県の里帰り事業。写真では、地元の若者達が勇壮な踊りで歓迎してくれました。
その他、宮崎・熊本・大分・沖縄県などの里帰りがあります。

10~11月里帰り

クリスマスコンサート(12月)
保育園児童の歌、入所者と職員の合唱、近隣の学校の音楽部の演奏などを公会堂で楽しみます。

12月クリスマス

公文書管理


~標準文書保存期間基準(保存期間表)~


 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。