社会交流会館

社会交流会館では、星塚敬愛園の歴史を展示しています。
日本で、そしてこの地で何が行われてきたのかを、その時代々の人々の日々の営みを通じて、学んでいただければ幸いです。
日本におけるハンセン病は「負の遺産」がほとんどです。その中にあっても一人ひとりが懸命に生きたあかしががここにあります。
病気による差別の歴史が繰り返されないためにも、これらの展示を心に刻んでいただきたいと思います。

園長 後藤正道

社会交流会館

  • 【社会交流会館】星塚敬愛園の歴史やハンセン病の歴史を正しく伝えて理解していただくために平成26年12月15日にオープンしました。
  • 【エントランスホール】企画展や入所者による講演を行っています。
  • 【歴史展示室】開園当初のパネル41点と資料や道具150点を展示しています。
  • 【園金】園内だけでしか通用しないお金として園金が作られました。逃走防止と入所者作業賃としても使用されていました。
  • 【誓約書】入園時、4項目における誓約書にサインをさせられています。
  • 【点字版】ハンセン病後遺症により視覚と指先の感覚を失った入所者は、生きていく術として、舌読(舌や唇で点字を読む)を習得していました。
  • 【夫婦部屋再現】昭和12年には、こどもを作らない事を条件に4畳半の夫婦部屋が与えられました。
  • 【図書室】当園をはじめ全国の国立ハンセン病療養所の入所者の著書や機関誌、文芸を収蔵し、少人数の講演や資料の閲覧室としても活用しています。