Home > 学習内容 > 授業・演習

授業・演習



 解剖生理学や病理学の知識とそれに基づく看護技術が一体のものとして理解できるようにしています。実習を通して目の前の患者様に対する倫理も学びます。


○ 1年次 ベッドメーキング



入学して2週間後・・・
ベッドメーキングの技術試験に向けて
看護技術の教科書を開き、准看護師課程で
学んだことを思い出して、看護実習室で自己練習!

○ 1年次 フィジカルアセスメント演習



フィジカルアセスメント演習では、血圧測定や
モデル人形を用いての呼吸音・心音の聴診を学びます。目的をもった観察が行えるためにどのように観察をするのか、観察から得られた情報をどのようにアセスメントし、看護実践につなげていくのかを事例を通して考えます。

○ 1年次 進級前技術演習
  患者の病状観察を行い、患者の状態に合わせて必要な援助を考え実施します。
  演習時には教官が模擬患者となり患者の気持ちを伝え、援助実施後に共に振り返ります。





○ 2年次 災害看護 BLS研修



災害看護の授業では、神戸にある「人と防災未来センター」見学を行い、災害の基礎知識を学びます。また、BLS(一次救命処置)演習ではBLSインストラクター資格を持っている長島愛生園の病棟看護師長、放射線科技師の方々からマンツーマンでご指導頂きます。目の前で倒れている人が心停止をしていることを想定して、意識の確認・気道の確保・胸骨圧迫・AED使用について1人ひとりが体験します。

○ 2年次 小児看護学実習時の学内演習



小児看護学実習は、保育園4日間・病棟実習
8日間あります。病棟実習前に、受持ち患児の
年齢や病状の情報を生かして症状観察や血圧測定などの技術演習をして実習に臨みます。

○ 1年次2月 看護研究発表会
  1年次11月の基礎看護学実習で学んだことをケーススタディにまとめ1人ひとり発表します。
  発表会での意見交換を通して、1人の学びを皆の学びにします。