ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 社会保障全般 > 社会保障・税一体改革 > 何のための負担なの?

何のための負担なの?

  • 今回の社会保障改革では、高齢化への対応はもちろん、私たちの子ども・孫の世代や現役世代へのサポートを充実させ、全世代対応型の社会保障に転換を図ることとしています。
  • そこで、社会保障に要する費用の主な財源となる消費税の充当先を現在の高齢者向けの3経費から子育てを含む社会保障4経費に広げることとしています。
消費税の使いみち
社会保障・税一体改革による社会保障の充実
消費税5%引き上げによる社会保障制度の安定財源確保
  • 将来世代への負担の先送りを抑制し、社会保障の安定財源を確保します。
  • “全世代対応型の社会保障”を充実します。(2.8兆円)

ページの先頭へ戻る


ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 社会保障全般 > 社会保障・税一体改革 > 何のための負担なの?

ページの先頭へ戻る