ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 外国人技能実習制度への介護職種の追加について

外国人技能実習制度への介護職種の追加について


 平成281128日に「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(平成28年法律第89号。)」が公布をされましたが、今後、「産業競争力の強化に関する実行計画」(2015年版(平成27年2月10日閣議決定)等)に基づき、質の担保など、介護サービスの特性に基づく要請に対応できるよう具体的な制度設計を進め、技能実習法の施行に併せて、技能実習制度の対象職種への介護職種の追加を行うこととしています。
 具体的には、介護サービスの特性に基づく様々な懸念に対応するため、厚生労働省において介護分野の有識者等に参加・検討いただいた「外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会」の中間まとめ(平成2724日)で示された内容に沿って進めることとしています。具体的な内容が決まり次第、厚生労動省HP等で随時公表いたします。

ページの先頭へ戻る

1 新着情報

  • その他 2017年1月6日 掲載サイトを開設しました。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

5 照会先

厚生労働省福祉基盤課福祉人材確保対策室
TEL03−5253−1111(内線2844、3146)

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 福祉・介護 > 生活保護・福祉一般 > 外国人技能実習制度への介護職種の追加について

ページの先頭へ戻る