ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 福祉・介護> 生活保護・福祉一般> 平成26年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)

平成26年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)

【※】当該給付金の支給は終了しております。

平成26年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)の概要

簡素な給付措置(臨時福祉給付金)とは

 平成26年4月の消費税率の引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として、簡素な給付措置(臨時福祉給付金)を支給するものです。

支給対象者

 平成26年度分市町村民税(均等割)が課税されない方が対象です。

 ただし、 ・ 課税されている方に生活の面倒を見てもらっている場合
        (住民税において、課税者の扶養となっている場合)
       ・ 生活保護制度の被保護者となっている場合  など     は対象となりません。

支給額

支給対象者1人につき 1万円
(年金や児童扶養手当等の受給者は5,000円の加算)

申請手続

 申請先は、基準日(平成26年1月1日)において住民票がある市町村となります。
 申請受付期間や申請方法については、各市町村によって異なります。

ページの先頭へ戻る

その他

広報関係資料

支給実績

  • その他 支給実績:1,992万人

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 福祉・介護> 生活保護・福祉一般> 平成26年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)

ページの先頭へ戻る