ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 雇用> 雇用保険制度> 【重要】雇用保険マルチジョブホルダー制度について

【重要】雇用保険マルチジョブホルダー制度について
~ 令和4年1月1日から65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」を新設します~

マルチジョブホルダー制度とは

従来の雇用保険制度は、主たる事業所での労働条件が1週間の所定労働時間20時間以上かつ31日以上の雇用見込み等の適用要件を満たす場合に適用されます。
これに対して、雇用保険マルチジョブホルダー制度は、複数の事業所で勤務する65歳以上の労働者が、そのうち2つの事業所での勤務を合計して以下の要件を満たす場合に、本人からハローワークに申出を行うことで、申出を行った日から特例的に雇用保険の被保険者(マルチ高年齢被保険者)となることができる制度です。

<適用要件>
 ・複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること
 ・2つの事業所(1つの事業所における1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未満)の労働時間を合計して1週間の所定労働時間が20時間以上であること
 ・2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること

制度の概要は、PDF 労働者向けリーフレット[235KB]、及びPDF 事業主向けリーフレット[234KB]をご確認ください。

また、申請手続などの詳細はPDF 雇用保険マルチジョブホルダー制度の申請パンフレット[1.22MB]をご確認ください。

(その他)
Q&A~マルチジョブホルダー制度~


 

各種届出の様式

各種届出様式については、随時掲載いたします。


 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 雇用> 雇用保険制度> 【重要】雇用保険マルチジョブホルダー制度について

ページの先頭へ戻る