総務部総務課 山口六平太が、
オススメする「労働保険料等の口座振替納付」。

『総務部総務課 山口六平太』
ⓒ林律雄・高井研一郎/小学館
労働保険料等の口座振替納付とは?
事業主の皆様が、労働保険料や石綿健康被害救済法に基づく一般拠出金の納付について、口座を開設している金融機関に口座振替納付の申込みをします。届出のあった口座から金融機関が労働保険料及び一般拠出金を引き落とし、国庫へ振り替えることにより納付するものです。
口座振替による納付のメリット。
保険料納付のために、毎回金融機関の窓口へ行く手間や待ち時間が解消されます。納付の”忘れ”や”遅れ”がなくなるため、延滞金を課される心配がありません。また手数料はかかりません。法定納期限から保険料の引き落とし日までに最大約2カ月ゆとりがあります。

電子申請の等の詳しい内容については、「電子政府の総合窓口(e-Gov)」電子申請のページ
(https://www.e-gov.go.jp)又は厚生労働省HP(「労働保険 電子申請」で検索※)をご覧ください。
※https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/denshi-shinsei.html

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.