Home > 学校紹介 > 在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

私たちはプロへの第一歩をあゆみ続けています。

多くの学生たちが日本全国から、ここ愛生園へ明日の看護師を目指してあゆみだしました。

 

坂本 虎太郎さん

(1年生)

日々の学習を大切にし、共に患者様に寄り添える看護師になれるように頑張りましょう。

 ここ長島愛生園附属看護学校は、海と山に囲まれた自然豊かな場所にあります。
地元を離れて長島での生活が始まり一か月がたちました。
 最初はクラスメイトと楽しくやっていけるか寮生活を送っていくことができるのか、とても不安でしたが、数週間過ごしているうちにお互い打ち解ける仲になりました。また、寮生活では、勉強を教え合ったり、自炊をしたりと充実した生活を送っています。学校生活では、自治会活動や日々の勉強や課題など大変ですが、その中で自己の計画性、行動力を養うことができると感じています。
 これからの2年間で准看護師学校で学んできたことを基本とし、より深く的確に判断できる知識と技術を身につけ、患者さんに寄り添うことのできる看護師となりたいと考えています。そして、学校生活の中で様々な価値観にふれ、自分自身の価値観、看護観、そして人間性を高めていくことができるように、日々頑張っていきたいです。
 みなさんもこの学校に入り、共に看護について学んでいきましょう。

 

理想の看護師になれるように日々頑張っています

河原 夢希さん

(1年生)

 長島愛生園附属看護学校は、自然豊かな場所で、学習に集中して取り組むことのできる環境です。初めて親元を離れ、不安が大きいなか寮生活を始めましたが、今では、自炊や掃除などみんなと協力してとても楽しい生活を送っています。
入学当初は、ほとんどが初対面であり、年齢層も幅広く、なかなか話しかけることができませんでしたが、クラス活動や自治会活動を通して、お互いに心を打ち解けることができました。また、わからないことがあれば先輩方も優しく教えてくださり、とても充実した学校生活を送っています。
 そして、学習面では准看護課程で学んだことが基礎とし、さらに専門性が高く戸惑うこともありますが、学習計画を立て日々の予習や復習に取り組み、看護の知識や理解を深めていこうと頑張っています。また、長島愛生園附属看護学校では、ハンセン病についての歴史などを学習することができ、入所者様とも関わる機会が多く、この学校の特色だと思っています。
 これから、実習などで出会える患者様のことを第一に考え、私が理想とする「患者様を笑顔にし、支えることができる看護師」になれるように、精一杯頑張っていきます。

 

 

松本 康明さん

(2年生)

 

 

自分の目指す看護師になれるように一緒に頑張っていきましょう。

 長島愛生園に来るまでは、2年間の寮生活は長くて続けていくことができるのか不安に感じていましたが、あっという間の1年間でした。
 学校生活では、准看護師課程の学習以上に専門性が高く、根拠に基づいた知識や技術を学んでいきます。実習では、病態や看護の展開に理解が追いつかず悩んだことが何回もありましたが、教官や実習指導者より助言を頂き、また、クラスの仲間に相談することで知識を深めて乗り越えていくことができました。
 夏祭りや学生祭などの学校行事では、自分達で企画や物品の準備などしなくてはならないため、大変なことも多いです。しかし、やり終えたときには達成感や喜びを感じることができます。入所者さんとのコミュニケーションを通して、ハンセン病の歴史や経験について教えていただくこともあり、ハンセン病の歴史や入所者さんの思いを感じ、多くの学びを得ることができます。
 今、2年生は実習や国家試験に向けて勉強をしながら、自分の目指す看護師になれるように日々頑張っています。みなさんもこの学校で看護師にふさわしい知識、技術、態度を身につけて自分の目指す看護師になれるように一緒に頑張っていきましょう。

 

理想の看護師を目指して日々頑張っています

藤黒 ほのか さん

(2年生)

 長島愛生園に入学して1年が経ちました。最初は親元を離れ生活をする寂しさとこれからどんな日々が待っているのかと毎日不安で一杯でした。しかし、クラスメイトと仲良くなるにつれて学校生活も楽しくなりました。課題で追われている時など苦しいときもありますが苦しいのは自分だけではないと思いクラスみんなで励ましあって2年生に進級できたと感じています。
 講義は、専門性が高く看護師として根拠に基づいた知識や技術を身につけられるよう学んでいます。また、愛生園でしか学べないハンセン病の歴史や入所者様との交流を通してハンセン病に対する知識も得ることができます。学生祭などでは、入所者様と一緒に行えるレクリエーションを実施し入所者様との楽しい時間を過ごせることもできます。この経験は、長島愛生園付属看護学校の学生だからこそ経験できることだと感じています。
 また、実習では指導者や教官に相談しながら患者様主体の看護の実施を目指しています。勉強や実習・委員会活動など決して楽しいことばかりではありませんが、目標達成ができた時はすごくやりがいを感じます。私たちはこの長島愛生園附属看護学校で自分の理想の看護師を目指して日々頑張っています。ぜひ一緒に学びましょう。