Home > 学校紹介 > 在校生からのメッセージ

在校生からのメッセージ

私たちはプロへの第一歩をあゆみ続けています。

多くの学生たちが日本全国から、ここ愛生園へ明日の看護師を目指してあゆみだしました。

 

安藤 麗香さん

(1年生)

自分で決めたことは最後までやり通す

 この長島愛生園附属看護学校に入学して1ヶ月が経とうとしています。
 長島愛生園は海と山に囲まれており、自然と触れ合える場所で学習環境も整っているためしっかり看護について学べると思います。長島愛生園には地元を離れてくる人がほとんどで、「初めて会う人たちと寮生活できるか」「学校生活に慣れるか」など不安を抱えていた人がほとんどで私もそうでした。しかし、初めてのことで戸惑うことがありますが、先輩方に優しく教えてもらったり、また同期と協力し合うことで目の前のことを1つ1つ乗り越えています。学校生活には、学生自治会や寮自治会それぞれ役割があり、多重課題となることが多いですが、そこから学ぶこともたくさんあり、日々自分を成長させることができると感じています。
 これから2年間大変なことが多いけれど、確かな技術と知識を身につけていき患者様に対して個別性のある看護ができるよう、今自分がすべきことを計画性を持っておこなっていきたいと思います。長島愛生園附属看護学校への進学は自分が決めた事であり、この学校に来て充実したと思うも思わないも自分次第だと思います。このため、自分で決めたことは最後までやり通し、卒業時には「充実した学校生活だった」と思えるよう努力していきたいです。
 この長島愛生園附属看護学校で私たちと一緒に成長し、看護師という夢に近づけるように頑張ってみませんか。

 

自分が目指す看護師像に少しでも近づけるように日々頑張っていきたい

山田 琴音さん

(1年生)

 入学して1ヶ月経ち、ようやく学校生活や寮での生活にも慣れてきました。初めは、「寮での生活は上手くいくのか、授業についていけるのか」など不安も多くありましたが、先輩方や先生方がやさしくサポートして下さったり、クラスメイトと支え合いとても充実した生活を送ることができています。
 学校生活は、自治会活動や課題などがありとても忙しいですがその分やりがいを感じることができます。先生方や先輩方も優しく、親身になってたくさんの事を教えてくださいます。また、ハンセン病についても多く学ぶことができます。歴史館を見学するだけではなく、実際に長島を歩き跡地を見ながらハンセン病について学ぶこともできます。また、入所者様と直接交流できる機会もたくさんあります。これから、入所者様との関わりの中で入所者様の話を聞き、想いを知っていきたいです。
 これからの2年間は、楽しいだけではないかもしれません。私は、正確な技術を身につけ、患者様だけでなく患者様の家族に信頼される看護師になりたいと思います。自分が目指す看護師像に少しでも近づけるようクラスメイトと協力して日々頑張っていきたいと思います。

 

 

荒木 萌さん

(2年生)

 

 

自分の夢に向かって日々頑張っています

 長島愛生園附属看護学校に入学して1年が経ちました。始めは寮生活と学校生活を両立することができるのか不安でしたが、クラスメイト全員が寮生ということもあり協力して様々なことを乗り越えながら日々楽しく生活しています。
 講義は、学校の教官と外部講師の方々に准看護師課程の学びを土台として実習や看護師国家試験に向けた専門性の高い内容を学んでいます。また、ハンセン病について学ぶことができ、歴史館の見学や夏祭り・学生祭などの行事を通して入所者様との交流が深められ貴重なお話を聴くことができます。
 学校生活では、親睦会などの行事の企画を学生自治会が中心となって学校全体で考え、みんなで楽しむことのできる時間を共有することができます。また、その中で看護師として働く上で必要となる自分自身の意見を述べることや、考える力を養うことができていると感じています。自分の夢に向かって日々頑張っています。

 

「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」

大野 咲子さん

(2年生)

 2年生に進級し、1か月が過ぎました。クラス目標として「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」をクラス全員で掲げ、座学やグループワーク、看護演習などに日々切磋琢磨しています。学校生活では、5月からの各論実習へ向けての看護学演習など、多重課題で毎日忙しく過ぎますが、クラスで支えあい乗り越えています。看護学演習でのグループワークを通し、自分の看護観とは違うクラスメイトの看護観を聞く機会も多いため視野が広がります。
 入学当時は年齢も様々でうまくやっていけるのか、また勉強についていけるのか不安でした。しかし、寮生活ということもあり、わからないところは互いに教え合い支え合ったり、声を掛けたりしながら過ごしています。辛い事も仲間で乗り越えていける環境であると思います。
 私たちは、専門職業人としての知識・技術だけでなく、責任感や協調性、自主性などを意識して行動できる看護師になれるよう学校生活を通して身につけていきたいと思います。
 ここ長島愛生園附属看護学校で一緒に頑張っていきましょう。