ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 勤労者生活の向上(財形、中退共等) > 中小企業退職金共済制度(中退共制度) > 特定業種退職金共済(特退共)制度について > 建設業退職金共済制度(建退共制度)

建設業退職金共済制度(建退共制度)

建退共制度とは

 建設業を対象に、「中小企業退職金共済法」という法律により、国が作った退職金制度です。
 建設業を営む事業主の方が、対象となる雇用者の方々の共済手帳に、働いた日数に応じて、掛金となる共済証紙を貼り、その方々が建設業で働くことをやめたときに、独立行政法人勤労者退職金共済機構・建設業退職金共済事業本部(建退共)から退職金が支払われます。

契約できる事業主

 建設業を営む方なら総合、専門、職別あるいは元請、下請の別を問わず契約できます。
 また、専業・兼業、許可を受けている・受けていないにかかわらず契約できます。

加入できる従業員

 対象となる雇用者の方々なら、職種(大工・左官・とび・土木・電工・配管工・塗装工員など)にかかわりなく、また、日給・月給にもかかわりなく加入できます。

安全確実かつ簡単 通算制度 掛金の補助
掛金は損金扱い 入札に有利 加入者還元サービスがあります

契約・加入するには

各都道府県にある建退共の支部で、「共済契約申込書」と「共済手帳申込書」に必要事項を記入して申し込んでください。

【手続きに費用はかかりません】

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 勤労者生活の向上(財形、中退共等) > 中小企業退職金共済制度(中退共制度) > 特定業種退職金共済(特退共)制度について > 建設業退職金共済制度(建退共制度)

ページの先頭へ戻る