ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 第2回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

第2回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

平成29年9月12日(火)13時30分から三田共用会議所講堂にて、「第2回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会」を開催しました。
「特定行為研修の受講者への支援及び確保のための指定研修機関の取り組み」をテーマに、事例報告とグループディスカッションを行いました。

当日配布資料

○情報提供 
 ●特定行為研修制度の現状及び今後の推進に向けた課題と方策について

                   厚生労働省医政局看護課看護サービス推進室
 ●一般教育訓練給付金及び人材開発支援助成金について
     厚生労働省人材開発統括官付若年者・キャリア形成支援担当参事官室

  ※教育訓練給付金については、こちらをご覧ください。
   教育訓練給付制度の講座指定を希望する訓練施設の方はこちらをご覧ください。


○事例報告
 ●研修修了者の立場から
 1.米沢市立病院 集中治療科師長 神田美由紀氏
 2.恵み野訪問看護ステーション「はあと」 所長 樋口秋緒氏
 ●指定研修機関の立場から
 1.社会医療法人社団さつき会 袖ケ浦さつき台病院 看護部長 栗原サキ子氏
 2.医療法人社団愛友会 上尾中央総合病院 臨床研修センター 副センター長 平井悦子氏


医政局看護課看護サービス推進室 

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 第2回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

ページの先頭へ戻る