ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > ジョブ・カード制度 > 雇用型訓練とは > 雇用型訓練におけるジョブ・カード様式3-3-1-1職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用)の活用について

雇用型訓練におけるジョブ・カード様式3-3-1-1職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用)の活用について

 ジョブ・カード 様式3-3-1-1 職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用)は、企業実習又はOJTの成果を評価するために必要となるものであり、訓練前に評価項目の設定などを行って作成します。
 訓練終了後にこれに記入することにより、評価を行います。

ジョブ・カード 様式3-3-1-1 の作成について

ジョブ・カード 様式3-3-1-1 の作成方法

 「モデル評価シート・モデルカリキュラム」等を参考に、以下の手順により、様式3-3-1-1職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用)を作成します。
詳細は、「雇用型訓練 評価マニュアル」(PDF.pdf)をご覧ください。
「評価の実施について」の手順により、作成された様式3-3-1-1の評価を実施します。

1 企業実習・OJT期間内における職務内容

 職務内容は、訓練参加者の担当職務等に基づきあらかじめ記載します。

2 職務遂行のための基本的能力

 全職種・業務共通です。
モデル評価シートの「能力ユニット」及び「職務遂行のための基準」をそのまま使用します。

3 技能・技術に関する能力 (1)基本的事項

 様式3-3-1-1職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用) 3 技能・技術に関する能力(1)基本的事項の能力ユニットについては、
「事務・サービス」「技能」「技術」の中から、訓練の職務に照らして、最も使いやすいものを選択して設定してください。
選択した能力ユニットが十分でない場合は、他の能力ユニットを引用して追加することも可能です。

3 技能・技術に関する能力 (2)専門的事項

 「訓練時の職務」に即して、以下の方法より設定します。
(1)モデル評価シートを利用する。
(2)職業能力評価基準から作成する。
 ※対応職務早見表を利用して、参照する職業能力評価基準を選びます。

ジョブ・カード 様式3-3-1-1

例) 訓練時の職務:マーケティング

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 職業能力開発 > ジョブ・カード制度 > 雇用型訓練とは > 雇用型訓練におけるジョブ・カード様式3-3-1-1職業能力証明(訓練成果・実務成果)シート(企業実習・OJT用)の活用について

ページの先頭へ戻る