ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年5月 > 平成25年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」取りまとめ



平成26年5月16日

【照会先】

職業安定局 派遣・有期労働対策部

企画課若年者雇用対策室

室   長 牛島  聡 (内線5862)

室長補佐 吉田  勉 (内線5333)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3597)0331

平成25年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」取りまとめ

〜高校生の就職内定率は98.2%と前年同期比0.6ポイント上昇。平成26年3月末現在〜

 厚生労働省は16日、平成26年3月に高校や中学を卒業する生徒について、平成26年3月末現在の求人・求職・内定状況を取りまとめました。対象は、学校や公共職業安定所からの職業紹介を希望した生徒です。


【高校新卒者】(第1表)
就職内定率   98.2%で、前年同期比0.6ポイントの増。
就職内定者数 約16万1千人で、同0.3%の減。
求人数       約25万5千人で、同12.5%の増。
求職者数     約16万4千人で、同0.9%の減。
求人倍率     1.56倍で、同0.19ポイントの増。

【中学新卒者】(第2表)
就職内定率   60.9%で、前年同期比1.5ポイントの増。
就職内定者数 663人で、前年同期と同数。
○ 求人数       1,588人で、前年同期比19.6%の増。
○ 求職者数     1,089人で、同2.5%の減。
○ 求人倍率     1.46倍で、同0.27ポイントの増。

(参 考)
 平成26年3月高校・中学新卒者の選考・内定開始期日は、全国高等学校長協会、主要経済団体(一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会)、文部科学省及び厚生労働省において検討を行い、次のように申し合わせています。
・ 高  校 平成25年9月16日以降
・ 中学校 平成26年1月1日以降(積雪指定地域では、平成25年12月1日以降)

【参考:就職支援のための取組】
 厚生労働省においては、1月より、文部科学省及び経済産業省との連携により、「未内定就活生への集中支援2014」に取り組みました。また、就職が決まらないまま卒業した方に対しても、就職内定者と同様に社会人としてのスタートがきれるよう、6月末までを目途にジョブサポーターによる集中支援期間とし、「未就職卒業生への集中支援2014」に取り組み、1日でも早い就職の実現に向け、全力を尽くしています。
 対策の詳細等につきましては5月16日公表の「大学等新卒者への就職支援の状況について」をご覧ください。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2014年5月 > 平成25年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」取りまとめ

ページの先頭へ戻る