ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療の国際展開> 「外国人患者の受入れのための医療機関向けマニュアル」について

「外国人患者の受入れのための医療機関向けマニュアル」について

 

訪日外国人は近年著しく増加しており、東京オリンピック・パラリンピックに向けて、今後更なる増加が見込まれております。
政府としても、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」において、訪日外国人旅行者を2020年に4000万人、2030年に6000万人とする目標を掲げており、訪日外国人旅行者が安心・安全に日本の医療サービスを受けられる体制を充実させていくことが必要です。
こうした状況を背景に、平成30年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))による「外国人患者の受入環境整備に関する研究」(北川雄光 慶應義塾大学病院長・医学部外科学(一般・消化器)教授)において、外国人患者の受入れ体制を整備する際に必要な情報等が整理され、「外国人患者の受入れのための医療機関向けマニュアル」が作成されました。
同マニュアルについて、昨年度開催しました「訪日外国人旅行者等に対する医療の提供に関する検討会」における議論を経て、この度、取りまとめに至りましたので、公表いたします。
 

 

 

【照会先】

厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室
担当者 (内線:4115、4116、4108)
(代表)03-5253-1111

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療の国際展開> 「外国人患者の受入れのための医療機関向けマニュアル」について

ページの先頭へ戻る