「キッズウィーク」は、地域ごとに学校の夏休みなどの長期休業日を分散化することで、大人と子供が一緒にまとまった休日を過ごす機会を創出しやすくするための取組で、平成30年度から始まります。

 キッズウィークの推進は、働き方改革と表裏一体の、いわば休み方改革の推進でもあります。厚生労働省では、労働時間等設定改善法に基づく指針を改正し、働く人が子どもの学校休業日や地域のイベント等に合わせて年次有給休暇を取得できるよう、事業主に配慮を求めています。
 働く人が年次有給休暇を取得しやすい職場環境にしましょう。