熱中症を防ぐために知っておきたいこと熱中症予防のための情報・資料サイト

MENU

熱中症を防ぎましょう

暑さを避ける、身を守る

室内では

  • ・扇風機やエアコンで温度を調節
  • ・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
  • ・室温をこまめに確認
  • ・WBGT値※も参考に

屋外では

  • ・日傘や帽子の着用
  • ・日陰の利用、こまめな休憩
  • ・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために

  • ・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • ・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数 運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。 環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測値と予想値が掲載されています。

こまめに水分を補給する

室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する

特に注意したい方々

  • 子どもは体温の調節能力が十分に発達していないので、気を配る必要があります。

  • 熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する 感覚機能やからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。

  • 障害者・障害児には、特に気を配りましょう。

熱中症の症状、予防法、対処法等についてのリーフレット