HOME > 南静園について > 理念

南静園の理念

理念
私達は、入所者の生命の尊厳と人権を守り
入所者が安心して療養できる環境を提供すると共に
より良い医療、看護・介護、福祉の質の向上に努めます。

基本方針

基本方針

       1.入所者一人一人の「生きがい」を共に追求します。
       2.安心で信頼できるチーム医療を提供します。
       3.地域との交流を図り、ハンセン病の啓発活動に努めます。
       4.職員の質の向上のため、教育・研修に努めます。

施設沿革

 施設沿革

○建物 : 延べ面積  17,451平方メートル
○内訳 : 庁舎 16,282平方メートル   宿舎 1,169平方メートル

○入 院 定 床 : 94床(医療法定床 138床)
○入 園 者 数 : 70名(H28.4.1現在)
○標榜診療科 : 内科・外科・皮膚科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科

○沿 革
 昭和 6年 3月 7日  沖縄県立宮古保養院として創立。
 昭和 8年10月 6日  臨時国立宮古療養所と改称。
 昭和16年 7月 1日  厚生省に移管、国立宮古南静園と改称。
 昭和21年 1月      米軍事政府の管轄となる。
 昭和27年 4月 1日  琉球政府創立と同時に琉。球政府に移管
 昭和47年 5月15日  日本復帰に伴い厚生省に移管。国立療養所宮古南静園と改称。
 平成 8年 4月 1日  「らい予防法」廃止。「らい予防法の廃止に関する法律」施行。
 平成13年 1月 6日  厚生省は労働省と合併、厚生労働省となる。
 平成21年 4月 1日  「ハンセン病問題の解決の促進に関する法律」が施行。