ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査結果 > 統計情報をご利用の方へ > 「疾病、傷害及び死因の統計分類」

「疾病、傷害及び死因の統計分類」

1.「疾病、傷害及び死因の統計分類」とは

 「疾病及び関連保健問題の国際統計分類:International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems(以下「ICD」と略)」とは、異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータの体系的な記録、分析、解釈及び比較を行うため、世界保健機関憲章に基づき、世界保健機関(WHO)が作成した分類である。
 最新の分類は、ICDの第10回目の改訂版として、1990年の第43回世界保健総会において採択されたものであり、ICD−10(1990年版)と呼ばれている。
 現在、我が国では、その後のWHOによるICD−10のままの改正の勧告であるICD−10(2003年版)に準拠した「疾病、傷害及び死因の統計分類」を作成し、統計法に基づく統計調査に使用されるほか、医学的分類として医療機関における診療録の管理等に活用されている。
 なお、この度、統計法(平成19年法律第53号。以下「法」という。)第28条第1項の規定に基づき、法第2条第9項に規定する統計基準として、平成27年2月13日付け総務省告示第35号をもって「疾病及び関連保健問題の国際統計分類ICD−10(2013年版)」に準拠する改正が行われた。改正された「疾病、傷害及び死因の統計分類」は、平成28年1月1日から施行し、同日以後に作成する公的統計(法第2条3項に規定する公的統計をいう。)の表示に適用される。ただし、平成28年12月31日までに作成する公的統計の表示ついては、この告示による分類表により難い場合に限り、なお従前の例によることができる。


2.ICD−10(2003年版)準拠の分類の構成(基本分類表)(「一 疾病、傷害及び死因の統計分類基本分類表」参照)及びICD−10(2013年版)準拠の内容例示表

ア.ICD−10(2003年版)準拠 基本分類表

 第1章   感染症及び寄生虫症(A00-B99)[160KB]
 第2章 新生物(C00-D48)[138KB]
 第3章 血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害(D50-D89)[48KB]
 第4章 内分泌、栄養及び代謝疾患(E00-E90)[77KB]
 第5章 精神及び行動の障害(F00-F99)[75KB]
 第6章 神経系の疾患(G00-G99)[52KB]
 第7章 眼及び付属器の疾患(H00-H59)[63KB]
 第8章 耳及び乳様突起の疾患(H60-H95)[37KB]
 第9章 循環器系の疾患(I00-I99)[88KB]
 第10章 呼吸器系の疾患(J00-J99)[60KB]
 第11章 消化器系の疾患(K00-K93)[85KB]
 第12章 皮膚及び皮下組織の疾患(L00-L99)[48KB]
 第13章 筋骨格系及び結合組織の疾患(M00-M99)[122KB]
 第14章 腎尿路生殖器系の疾患(N00-N99) [84KB]
 第15章 妊娠、分娩及び産じょく<褥>(O00-O99)[94KB]
 第16章 周産期に発生した病態(P00-P96)[82KB]
 第17章 先天奇形、変形及び染色体異常(Q00-Q99) [125KB]
 第18章 症状、徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの(R00-R99)[69KB]
 第19章 損傷、中毒及びその他の外因の影響(S00-T98)[252KB]
 第20章 傷病及び死亡の外因(V01-Y98)[194KB]
 第21章 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用(Z00-Z99)[134KB]
 第22章 特殊目的用コード:[1KB]

イ.ICD−10(2013年版)準拠 内容例示表

 第1章   感染症及び寄生虫症(A00-B99)[983KB]
 第2章 新生物(C00-D48)[883KB]
 第3章 血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害(D50-D89)[390KB]
 第4章 内分泌、栄養及び代謝疾患(E00-E90)[863KB]
 第5章 精神及び行動の障害(F00-F99)[1,124KB]
 第6章 神経系の疾患(G00-G99)[555KB]
 第7章 眼及び付属器の疾患(H00-H59)[491KB]
 第8章 耳及び乳様突起の疾患(H60-H95)[257KB]
 第9章 循環器系の疾患(I00-I99)[594KB]
 第10章 呼吸器系の疾患(J00-J99)[504KB]
 第11章 消化器系の疾患(K00-K93)[693KB]
 第12章 皮膚及び皮下組織の疾患(L00-L99)[511KB]
 第13章 筋骨格系及び結合組織の疾患(M00-M99)[734KB]
 第14章 腎尿路生殖器系の疾患(N00-N99) [603KB]
 第15章 妊娠、分娩及び産じょく<褥>(O00-O99)[598KB]
 第16章 周産期に発生した病態(P00-P96)[486KB]
 第17章 先天奇形、変形及び染色体異常(Q00-Q99) [737KB]
 第18章 症状、徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの(R00-R99)[649KB]
 第19章 損傷、中毒及びその他の外因の影響(S00-T98)[1,305KB]
 第20章 傷病及び死亡の外因(V01-Y98)[1,235KB]
 第21章 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスの利用(Z00-Z99)[765KB]
 第22章 特殊目的用コード:[129KB]

3.疾病分類表

 疾病分類表は、わが国の疾病罹患の状況を概括できるように推定患者数を基準にして、大分類、中分類及び小分類がそれぞれ独立し、分類表としての形式を統一したものである。

 また、これまでの統計表章との連続性およびWHOが勧告した特定製表用リストとの整合性も図られている。さらに、大分類、中分類および小分類の相互の包含関係を明確にするため、中分類には大分類のコードが、小分類には中分類のコードが加えられている。
 なお、各項目の包含する範囲については可能な限り死因分類の項目と共通にし、相互のデータ比較が可能となるように配慮されている。

ア.ICD−10(2003年版)準拠 疾病分類表

「疾病分類表(2003年版)準拠」 [95KB]参照)

イ.ICD−10(2013年版)準拠 疾病分類表

「疾病分類表(2013年版)準拠」 [541KB]参照)

4.死因分類表

 我が国の死因構造を全体的に概観できるものとする目的で、基本分類表をもとにWHO死亡製表用リストを参考にして作成されたものである。
 分類項目の選定にあたっては、死亡数が一定以上認められるもの、死亡数は少ないが国民、研究者等にとって関心の高いものを基準とし、我が国の死因構造の継続的推移がみられるようになっている。
 分類項目は5桁の分類番号を設定し、上2桁をICD−10の章構成に合わせ、3桁目をいくつかの項目を統合した中間分類とし、下2桁を最も細かい分類として死因分類を3階層構造としたものである。その結果、分類番号だけでICD−10のどの章のいずれの分類かが一目で理解できるようになり、観察、分類しやすいものとなっている。

ア.ICD−10(2003年版)準拠 死因分類表

「死因分類表(2003年版)準拠」 [47KB]参照)

イ.ICD−10(2013年版)準拠 死因分類表

「死因分類表(2013年版)準拠」 [196KB]参照)

5.その他

ア.ICD−10(2013年版)関連資料

WHOインストラクションマニュアル(総論)仮訳
1〜37ページ [802KB]、 38〜151ページ [1,253KB]、 152〜187ページ [1,213KB]、
188〜248ページ [1,100KB]、全体版 [1,675KB] 、正誤表 [42KB] )

イ.関連出版物等

「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10準拠 第1巻 総論」(H7.4)
「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10準拠 第2巻 内容例示表」(H5.11)
「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10準拠 第3巻 索引」(H8.9)
「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10(2003年版)準拠 第1巻 総論」(H17.12)
「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10(2003年版)準拠 第2巻 内容例示表」(H17.12)
「疾病、傷害および死因統計分類提要 ICD−10(2003年版)準拠 第3巻 索引」(H18.8)
「ICD−10・ICD−9分類項目対応表(トランスレーター)」(H12.12)(CD-ROM版あり)
「国際疾病分類 腫瘍学 第2版」(H6.4)
「国際疾病分類 歯科学及び口腔科学への適用 第3版」(H13.8)(CD-ROM版あり)
「国際疾病分類 神経疾患への適用 第2版」(H13.12)(CD-ROM版あり)
「国際疾病分類 腫瘍学 第3版」(H14.12)
「ICDのABC 平成28年度版」(H28.3) [1,028KB]
「疾病、傷害及び死因分類の正しい理解と普及に向けて(ICD-10(2003年版)準拠)(H19.3)
(1〜18ページ[460KB]、 19〜30ページ[460KB]、 31〜43ページ[414KB]、
全体版[1,094KB] 正誤表[35KB])

備考(事務局注)

ICD−10とICD−9の比較

照会先

厚生労働省政策統括官(統計・情報政策担当)付
       参事官(企画調整担当)付 国際分類情報管理室
       TEL.03−5253−1111(代表)
           内線 7493
       FAX.03−3595−1605


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査結果 > 統計情報をご利用の方へ > 「疾病、傷害及び死因の統計分類」

ページの先頭へ戻る