ホーム > あさコラム vol. 3

あさコラム vol. 3
感染症エクスプレス@厚労省 2016年4月15日

結核のこと

 こんにちは、厚生労働省健康局結核感染症課長の浅沼一成です。
 NHK連続テレビ小説、通称「朝ドラ」。
 まだ若かりし保健所勤務時代、昼休みに保健師の皆さんがTVに
釘付けになっていました。「おんなは度胸」や「ひらり」の頃です。
 「面白いのかなぁ」と一緒に見始めた途端、自分もすっかりハマ
ってしまい、以来朝ドラファンを続けています。
 佐世保市勤務時代には、ご当地佐世保市が舞台となった「てる
てる家族」(只今BSで再放送中!)が放送され、街中で盛り上が
ったのも楽しい思い出です。

 今春からスタートしたのは「とと姉ちゃん」。
 西島秀俊さん扮する三姉妹のお父さんが肺結核で亡くなるという
衝撃的なスタートに、後番組の司会を務める有働由美子アナも号泣
していました。

 この結核という病気、当時は死因第一位の国民病。
 効果的な抗結核薬の登場、結核医療の充実、保健所や結核予防会や
結核予防婦人会の活躍などにより、今日、結核死亡数も患者数も激減
しましたが、それでも、わが国の結核罹患率は人口10万人あたり
15.4(2014年)。これは先進国の中では、まだまだ高い数字なのです。

 日本は2020年までに罹患率を10以下の「低まん延国」となることを
目指しています。 先日結核集団発生の報道がありましたが、今後も
引き続き、結核対策を推進していかねばなりません。
皆様のご協力をお願いします。

 では、次回もどうぞよろしくお願いします。

結核(BCGワクチン)について

「感染症エクスプレス@厚労省」は、主に医療従事者の皆さまに向け、通知・事務連絡などの感染症情報を直接ご提供するメールマガジンです。
本コラムは、「感染症エクスプレス@厚労省」に掲載しております健康局結核感染症課長によるコラムです。
「感染症エクスプレス@厚労省」への登録(無料)
本コラムの感想、ご質問、ご要望など
コラム バックナンバー

ホーム > あさコラム vol. 3

ページの先頭へ戻る