ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 第1回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

第1回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

平成29年3月2日(木)13時30分から三田共用会議所大会議室にて、「第1回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会」を開催しました。
36指定研修機関が参加されました。

当日配布資料

○情報提供
 厚生労働行政推進調査事業補助金厚生労働科学特別研究事業

 ●看護師の特定行為研修の修了者の活動状況に関する研究
              春山早苗氏(自治医科大学看護学部学部長)

○事例報告
 ●研修へ派遣する立場から
              中島由美子氏(訪問看護ステーション愛美園 所長)
 ●協力施設の立場から
              池田惠津子氏(大阪府済生会吹田病院 副院長)
 ●指定研修機関の立場から
  1 特定行為研修の充実と今後の課題について
              山口峰子氏 (奈良県立医科大学看護実践・キャリア支援センター 看護師長)
  2 研修修了後に修了者が医療現場で円滑に活動するための取り組みについて
              村上礼子氏 (自治医科大学看護師特定行為研修センター 研修責任者)


 


医政局看護課看護サービス推進室 

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 特定行為に係る看護師の研修制度 > 第1回看護師の特定行為に係る指定研修機関意見交換会を開催しました

ページの先頭へ戻る