ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 海外における医療ニーズ等及び国内企業の海外進出状況等調査及び分析業務報告書

海外における医療ニーズ等及び国内企業の海外進出状況等調査及び分析業務報告書


 

 
 目的 
    医薬品や医療機器の国際展開を促進するため、相手国に関する基礎的情報、医療ニーズや進出している日本企業の動向等を把握し、
  今後の企画立案等に役立てることを目的としています。


 概要 
    アジア・中東8カ国(インドネシア、フィリピン、ブルネイ、マレーシア、アラブ首長国連邦、イラン、カタール、サウジアラビア)の医療関連
  情報、アジア・中東21カ国(インド、インドネシア、韓国、カンボジア、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、
  マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス、アラブ首長国連邦、イラン、カタール、サウジアラビア、トルコ、バーレーン)における日本の
  医薬品・医療機器企業の進出状況等を取りまとめました。






 

  • (添付)

【照会先】

厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室
室長補佐 山田(内線:4103)
調査係長 高木(内線:4103)
(代表)03−5253−1111

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 海外における医療ニーズ等及び国内企業の海外進出状況等調査及び分析業務報告書

ページの先頭へ戻る