ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 平成26年度臨床効果データベース整備事業実施団体の選定結果について

平成26年度臨床効果データベース整備事業実施団体の選定結果について

実施する団体
○ 一般社団法人日本救急医学会
○ 一般社団法人日本腎臓学会
○ 公益社団法人日本麻酔科学会

(3団体)

1.事業の概要
 厚生労働省では、平成26年度補正予算において、医療の質の向上や、費用対効果を踏まえた良質な診療方法の選択に資する、臨床効果データベース整備事業を実施することとし、これに当たり本事業を実施する団体(以下「実施団体」という。)を選定するために以下の要領で実施団体の公募を行いました。

2.選定の過程
 平成27年2月4日から3月2日まで、本事業の応募申請を受け付け、9団体からの応募申請がありました。
 提出された企画書を外部有識者によりに評価していただきました。
 評価の結果、応募申請のあった団体のうち上記の3団体に実施いただくこととなりました。
3.採点者 
 齋藤 英彦  国立病院機構名古屋医療センター名誉院長 
  猿田 享男  慶應義塾大学名誉教授 
  高久 史麿  日本医学会長 
  久道 茂   日本医学会副会長 
  丸山 英二  神戸大学大学院法学研究科教授 
  八木 聰明  人間環境大学学長 

厚生労働省医政局総務課

太田(予算関係)
堤(技術関係)
(電話)03-5253-1111(内2520,2522)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療分野のトピックス > 平成26年度臨床効果データベース整備事業実施団体の選定結果について

ページの先頭へ戻る