ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 日・カタール首脳会談時に医療・保健分野の協力覚書に署名

日・カタール首脳会談時に医療・保健分野の協力覚書に署名

                                                  


                   日・カタール 首脳会談時に医療・保健分野の協力覚書に署名

 

   2 20日(金)、首相官邸において、安倍総理大臣とタミーム カタール国首長の立ち会いのもと、厚生労働省は、
 両国の医療・
保健分野の協力推進のため、「日本国厚生労働省とカタール国最高保健評議会との間の医療
 及び保健分の野における協力に関する覚書」に署名しました。
具体的には、
 
   1 医療保険の分野における日本の経験の活用を通じたユニバーサル・ヘルス・カバレッジ
(※) を達成する
   ための医療への財政支出
  2 先進的な治療,医薬品及び医療機器の供給
  3 医療サービス従事者のための研修の提供による人材開発

  といった分野の他、双方の同意による医療・保健分野 において協力を行うことを確認しました。
    また、今回の協力覚書の署名は、バーレーン、トルクメニスタン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、トルコ、ベトナム、
  メキシコ、ブラジル、インドに続く、11か国目となります。

 

  厚生労働省では、医療の国際展開に積極的に取り組んでおり、諸外国との医療・保健分野での二国間の協力関係を
樹立すべく、政策形成や人材育成に関する経験等の共有など、相手国の状況や要望を踏まえたテーマで協力を提案
しています。

※ ユニバーサル・ヘルス・カバレッジとは、「すべての人が適切な予防、治療などの保健医療サービスを、必要な
時に支払い可能な費用で受けられる状態」のことです。

 

 

  • (添付)

【照会先】

医政局総務課医療国際展開推進室
室長     山本(内線:2510)
室長補佐  山田(内線:4103)
(代表)03−5253−1111

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療 > 医療の国際展開 > 日・カタール首脳会談時に医療・保健分野の協力覚書に署名

ページの先頭へ戻る