ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年10月 > 「東日本大震災被災者の健康状態に関する調査研究 石巻市雄勝・牡鹿地区の被災者の健康状態」の調査結果公表



平成23年10月18日

大臣官房厚生科学課

課長補佐 古元(3806)

研究事業推進専門官  丹藤(3807)

(代表) 03(5253)1111

(直通) 03(3595)2171

「東日本大震災被災者の健康状態に関する調査研究 石巻市雄勝・牡鹿地区の被災者の健康状態」の調査結果公表


 厚生労働省研究班では、「東日本大震災被災者の健康状態に関する調査研究」(研究代表者:林 謙治 国立保健医療科学院長)を本年6月から実施していますが、このほど宮城県石巻市の雄勝・牡鹿地区での調査結果がまとまりましたので、公表します。
 本調査研究は、東日本大震災の被災者の健康管理と、今後の災害対策の立案への活用を目的に、被災者の健康状態について長期間の追跡調査を行うものです。今回の調査は本年6月〜8月に実施し、石巻市雄勝・牡鹿地区の被災者計3,009人のうち、血液検査、血圧測定などを受診し、アンケート調査に回答した1,399人を集計しました。
 
 調査結果の中間報告の概要につきましては、別添をご参照下さいませ。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2011年10月 > 「東日本大震災被災者の健康状態に関する調査研究 石巻市雄勝・牡鹿地区の被災者の健康状態」の調査結果公表

ページの先頭へ戻る