ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年3月 > 第2回 日インド医療製品規制に関するシンポジウムを東京で開催します



平成29年3月28日

【照会先】

医薬・生活衛生局総務課国際薬事規制室

室長補佐 佐野 喜彦 (4232)

専門官  高梨 文人 (4224)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2431

報道関係者各位


第2回 日インド医療製品規制に関するシンポジウムを東京で開催します

 平成29年4月24日(月)に東京で、「第2回 日インド医療製品規制に関するシンポジウム」を開催します。本シンポジウムでは、昨年5月にニューデリー(インド)で開催された第1回シンポジウムに続き、医薬品、医療機器の規制に関する日インド両国の規制当局及び産業界のベストプラクティスを共有し、国際的な規制調和・協力を議論することで、両国の薬事規制のレベル向上や、産業界による規制対応の円滑化を目指します。

 本シンポジウムの開催要領及び参加登録の方法は以下のとおりです。

 

1.主催:厚生労働省・医薬品医療機器総合機構(PMDA)、インド保健家族福祉省・中央医薬品基準管理機構(CDSCO

2.後援:(日本側)日本製薬工業協会、日本医療機器産業連合会、日本製薬団体連合会、大阪医薬品協会

(インド側)PharmexcilFederation of Indian Chambers of Commerce and Industry (FICCI)

3.日程:平成29年4月24日(月)930分〜1720分(プログラム予定:別添1)

4.会場:日本橋ライフサイエンスビルディング

全体セッション、医薬品セッション:201 大会議室(2階)

医療機器セッション:1004会議室(10階)

(住所)東京都中央区日本橋本町2-3-11

URL https://www.nihonbashi-lifescience.jp/   (ページ内右側の建物)

(その他)同時通訳:英語 ⇔ 日本語あり

5.参加登録の方法(募集を終了しました。)

(登録先)電子メール: int_regulation@mhlw.go.jp

(予定参加者数)200名

(入場費)無料

(参加登録締切) 参加者多数につき、平成29年331日(金)18時で参加登録を締切いたしました。インド側参加者を含めた再集計の結果、定員に達したため、追加募集の実施は見合わせることといたしました。なお、本シンポジウムの講演資料等については、発表者の許可を得て、終了後にHPに掲載予定です。(平成29年4月12日更新)

(問い合わせ先)厚生労働省医薬・生活衛生局国際薬事規制室(担当:高梨 内線 4224

                (代表電話) 03(5253)1111、(直通電話) 03(3595)2431

 

 


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2017年3月 > 第2回 日インド医療製品規制に関するシンポジウムを東京で開催します

ページの先頭へ戻る