ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > 「ディスプレイ業」の職業能力評価基準が完成しました



平成27年5月29日

【照会先】

職業能力開発局能力評価課

課     長 宮本 悦子

課 長 補 佐 和田雄次朗

(代表電話) 03(5253)1111(内線5995)

(直通電話) 03(3502)6958

中央職業能力開発協会 

能力開発支援部長 峯 作二郎

評価制度開発課長 高久 訓一

(直通電話) 03(6758)2881

報道関係者各位


「ディスプレイ業」の職業能力評価基準が完成しました


  厚生労働省では、このたび、業界団体の協力を得て、「ディスプレイ業」の職業能力評価基準を新たに策定しました。

 

  「職業能力評価基準」とは、従業員に期待される仕事上の成果につながる行動と、そのために必要な技術・技能、知識について、担当者から組織・部門の責任者まで4つのレベルを設定し、業種別、職種・職務別に整理・体系化したもので、企業が人事評価制度を導入する際などに活用することができます。今回、「ディスプレイ業」が加わり、合計53業種で完成しました。

 

今回、新たに基準を策定した「ディスプレイ業」は、 単に商品の陳列や展示などにとどまらず、各種商業施設、文化施設、イベントなどにおいて、人が交流する快適な空間・環境を創造するための企画、設計デザインから製作・施工まで、その業務は広範囲にわたります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ディスプレイ業に対する需要が大きく伸びることが見込まれ、今後、人材育成 や能力評価の仕組み作りが重要となることから 基準を 策定しました。

 

■詳細は、中央職業能力開発協会のホームページ をご参照ください。

[URL] http://www.hyouka.javada.or.jp/

 

【別 添】職業能力評価基準の概要

【別紙1】「ディスプレイ業」の職業能力評価基準の概要(P1〜)

【別紙2】職業能力評価基準の策定業種一覧

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

厚生労働省携帯サイト

携帯版ホームページでは、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 2015年5月 > 「ディスプレイ業」の職業能力評価基準が完成しました

ページの先頭へ戻る