閉じる
イメージ

国立ハンセン病療養所 医師募集

Q & A

Q 何歳まで勤めることができますか。
A 国家公務員の医師の定年は65歳です。
※例外的に68歳まで勤務することも可能。
Q 給与はどのくらいですか。
A 医師の年収(見込み)は約1,000~1,800万円です。
※勤務地、手当の支給状況によって変動があります。
Q 育児・介護をしながら勤務することは可能ですか。
A 国家公務員として様々な両立支援制度を利用することができます(産前・産後休暇、育児休業、子の看護休暇、介護休暇、早出・遅出勤務 等)。また、職員が利用できる園内保育所のある施設もあります。
Q 宿舎はありますか。
A 各施設の宿舎に入居できます。(無料)
Q どのような福利厚生がありますか。
A 厚生労働省第二共済組合に加入することとなり、組合員として各種の給付を受けることができます(出産時、災害時 等)。その他、組合員とその家族の方々のための、様々な制度・事業があります(宿泊施設利用割引、引越割引 等)。
Q どのような研修がありますか。
A フィリピン共和国においてハンセン病療養所従事者海外研修を実施しています。
Q 入所者の診療は、園内の医師ですべて行うのでしょうか。
A ご専門外の医療が必要な場合は、外部の医師に来園してもらうことや提携先の医療機関への入院などの対応をとることとなります。
Q 園の管理職になることはありますか。
A 実績等に応じて、将来的には副園長、園長への昇任も十分あり得ます。

ハンセン病療養所を
実際に見てみませんか?

施設見学
詳しく見る

国立ハンセン病療養所
医師募集

募集要項
詳しく見る
トップへ戻る