ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 新型インフルエンザ(A/H1N1)対策関連情報 > 「新型インフルエンザ」入門

「新型インフルエンザ」入門

検索はこちら↑

このサイトは、2009年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)に関する情報提供のために厚生労働省が制作し、新型インフルエンザ発生時の参考資料として当面掲載しているものです。
このサイト内で「新型インフルエンザ」と記載しているものは、基本的に新型インフルエンザ(A/H1N1)を指しており、掲載している情報も主に発生当時から2011年3月31日までのものであることにご注意ください。
インフルエンザに関する最新の情報は、2011年4月1日から厚生労働省ホームページのインフルエンザ情報サイト(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/index.html)に順次掲載してまいりますので、以前の新型インフルエンザ対策関連情報サイトをお気に入り登録されている方は、ご変更をお願いいたします。

「新型インフルエンザ」入門





(1) 新型インフルエンザとは?

新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違い

 インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが体のなかで増えて、熱やのどの痛みなどの症状を引き起こす病気です。

 ほとんどの方は、これまでにインフルエンザにかかったことがあると思いますが、一度かかると、その原因となったウイルスに対して抵抗する力(これを免疫といいます)が高まります。従来から流行っている季節性インフルエンザに対しては、多くの人が免疫をもっているわけです。

 2009年の春に発生した新型インフルエンザは、その前年までは一度も流行したことがないもので、新しいウイルスが原因となっています。そのため、誰もが抵抗する力をもたないと考えられています。


インフルエンザについてさらに知るには
→「インフルエンザの基礎知識」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/file/dl/File01.pdf

今回の新型インフルエンザの特徴

 かかったときの症状は、季節性インフルエンザとほぼ同じです。

(参考)
新型インフルエンザの
主な症状
突然の発熱や咳(せき)、のどの痛み、倦怠感(だるさ)など。
鼻みず、鼻づまりや頭痛なども見られる。

 ただし、吐き気や下痢といった胃腸の症状を訴える方も一部におられます。これは季節性インフルエンザと少し違う点だと考えられます。

 多くの方は、かかっても数日間で軽症のまま回復しています。

 ただし、一部の方で重症化することがあるので注意が必要です。とくに、糖尿病やぜん息などの持病がある方や妊婦、幼児や高齢者は、重症化する可能性がその他の方々に比べて高いということです。


新型インフルエンザの特徴についてさらに知るには
→「新型インフルエンザに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#10





(2) かからないための予防法

インフルエンザの感染経路について

 かからない方法をよく知ってもらうためには、まず、インフルエンザが人から人へどうやってうつるのかをご理解ください。

 インフルエンザの感染経路には、主に2つあります。

【インフルエンザの主な感染経路】
(1)飛沫ひまつ感染 感染している人のくしゃみや咳(せき)で出るしぶきを吸い込むことによる感染。くしゃみや咳(せき)を浴びる距離(2メートル程度)にいる人は感染の危険性が高い。
(2)接触感染 感染している人の唾(つば)や鼻みずが手から手へ、あるいはドアノブやつり革などを介して手に付着することなどによる感染。

 ただし、インフルエンザは、ウイルスが手に付着しただけで感染することはありません。ウイルスが付着した手で、口や鼻、目などの粘膜を触れることで感染します。ですから、こまめな手洗いが接触感染のリスクを減らすことになります。


注:「感染」とは、インフルエンザウイルスが体内に入ることです。その後、ウイルスが増えると、症状が出てきます。これが「発症(発病)」です。感染しても症状が出ないという場合もあります。


感染についてさらに知るには
→「新型インフルエンザに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#40

かからないための予防法

 マスクをつけずに咳(せき)やくしゃみをしている人のそばにいると、そのしぶきを吸い込んで感染する可能性があります。ですから、流行している時期あるいは地域では、人込みには行かないことが感染予防の基本だと考えてください。

 また、外出して人が多く集まる場所に出かけた場合は、どこにウイルスが付着しているのか判りませんから、帰宅時の手洗いが大切です。食事を準備する前など、なにか作業をするときにも手洗いをこまめにしてください。

 手を洗うときは石けんを使って最低15秒以上、指の間や手首も含めて丹念に洗いましょう。そして、洗った後は清潔なタオルなどで水分を十分に拭きとってください。


予防法についてさらに知るには
→「新型インフルエンザに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html
→「新型インフルエンザ あなたの?に答えます(予防編)」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2725.html





(3) かかったときの対応

かかったかどうかの判断

 インフルエンザが流行している時期に、突然の発熱や咳(せき)、のどの痛み、倦怠感(だるさ)があったり、鼻みず、鼻づまりや頭痛などの症状があるときは、インフルエンザに感染している可能性があります。とくに、インフルエンザと診断されている人と1週間以内に一緒にいたことがある場合、その可能性は高まります。

 ただし、症状だけでインフルエンザにかかったかどうかを正確に見分けることはできません。


症状についてさらに知るには
→「新型インフルエンザに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html#20

受診に関する注意

 インフルエンザにかかったかなと思っても、必ず受診しなければならないわけではありません。症状が比較的軽く、自宅にある常備薬などで療養できる方は、診療所や病院に行く必要はありません。

 ただし、持病をお持ちの方など、重症化の可能性が比較的高いといわれる方々はなるべく早めに医師に相談してください。

 また、もともと健康な方でも、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診してください。


小児

□ 呼吸が速い、息苦しそうにしている

□ 顔色が悪い(土気色、青白いなど)

□ 嘔吐や下痢がつづいている

□ 落着きがない、遊ばない、反応が鈍い

□ 症状が長引いていて悪化してきた


大人

□ 呼吸困難または息切れがある

□ 胸の痛みがつづいている

□ 嘔吐や下痢がつづいている

□ 3日以上、発熱が続いている

□ 症状が長引いていて悪化してきた


受診のポイントについてさらに知るには
→「新型インフルエンザ あなたの?に答えます(受診と療養編)」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2724.html





(4) 自宅での療養

自宅療養の注意点

  同居している人が感染している場合、その人から感染しないよう確実に予防することは困難です。ただし、なるべく感染しないように、以下のことを心がけてください。

○患者の看護をしたあとなど、手をこまめに洗う。

○感染している方が小児の場合には、誰かが必ず見守るようにすることが必要ですが、持病があったり、妊娠している方については、感染している人となるべく別の部屋で過ごすようにするなど、より確実な感染予防を心がける

○看護している方が、持病をもっていたり妊娠している場合は、念のためかかりつけの医師に相談する。医師の判断により、予防のためのお薬が処方されることがある。

○患者には原則マスクを着用させる。なお、看護している方がマスクを着用することによる感染予防効果は限定的ですが、患者と接するときにはマスクを着用することで、ある程度は感染を予防できる可能性がある。

○患者の使用した食器類や衣類は、通常の洗濯・洗浄及び乾燥で消毒できる。


療養のポイントについてさらに知るには
→「新型インフルエンザ あなたの?に答えます(受診と療養編)」
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg2724.html


→発熱したお子さんを見守るポイント(保護者向けポスター)(PDF:429KB)


→発熱したお子さんを見守るポイント(保護者向けパンフレット)(PDF:622KB)

回復後の外出

 熱がさがっても、インフルエンザの感染力は残っています。解熱後も、あなたは他の人に感染させる可能性があるわけです。

 完全に感染力がなくなる時期については、明らかでなく、個人差も大きいと言われます。少なくとも、熱が下がって2日目までは外出しないように心がけましょう。

 あるいは、発熱などの症状がなくなっても、周囲の方を守るため、発熱や咳(せき)、のどの痛みなどの症状が始まった日の翌日から7日目までは、できるだけ外出しないようにしてください。





(5) ワクチン

ワクチンの効果

 インフルエンザワクチンには、インフルエンザに感染した際に、発症を抑えたり、症状が重くなることや死亡することを予防する効果があるとされています。

 ただし、ワクチンを接種しても、インフルエンザにかかることもありますし、その効果も完全ではありません。日頃から感染予防に気をつけることも重要です。


注:「感染」とは、インフルエンザウイルスが体内に入ることです。その後、ウイルスが増えると、症状が出てきます。これが「発症(発病)」です。感染しても症状が出ないという場合もあります。


ワクチンについてさらに知るには
→「新型インフルエンザワクチンQ&A」等
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/info_qa.html
→「インフルエンザワクチン」(国立感染症研究所 公表資料)
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu090828-02.pdf

接種の回数

2009年12月18日時点では、以下の通りです。

<優先接種対象者>
・妊婦の方1回接種
・基礎疾患を有する方1回接種注1
・13歳未満の方注22回接種
・中学生、高校生の年齢にあたる方1回接種
・65歳以上の方1回接種

※ 13歳以上64歳未満の健康な方(「新型インフルエンザの診療に直接従事する医療従事者」や、「1歳未満の乳児の保護者及び、優先接種対象者のうち、身体上の理由により予防接種が受けられない方の保護者」を含む)は1回接種です。


(注1)著しく免疫が抑制されていると考えられる方については、個別に医師とよく相談のうえで、2回接種しても差し支えありません。

(注2)中学1年生の年齢にあたる方であっても、接種時に13歳になっていない方は、「13歳未満の方」に該当します。


接種回数の検討についてさらに知るには
→「新型インフルエンザワクチンの接種回数の見直しについて」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_vaccine.html

ワクチンの安全性

 ワクチン接種がもたらす重症化・死亡の防止効果は社会的に見て大きなメリットといえます。ただ、ごく稀なケースとして、強い副反応(副作用)を引き起こし、重い後遺症を残すことがあります。多くの人にはメリットをもたらしますが、少数の方々においてデメリットが生じてしまうのです。つまり、ワクチンは100%安全であるとは言えません。

 ですから、ワクチンの接種に関しては、医師に処方されて飲む薬とは違い、国民お一人お一人が、効果とリスクをご理解いただいた上で、打つか打たないかを判断していただくようお願いします。


注;ワクチン接種において、その目的である免疫をつけることに伴って発生する、免疫反応以外の反応のことを「副反応」といいます。通常の医薬品で言う「副作用」と同様の意味です。


安全性についてさらに知るには
→「ワクチン関連情報」の「新型インフルエンザワクチンの安全性について」
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_vaccine.html

Get Adobe ReaderPDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。
左のバナーをクリックしダウンロードしてください。

 

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 新型インフルエンザ(A/H1N1)対策関連情報 > 「新型インフルエンザ」入門

ページの先頭へ戻る