ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療安全対策> 第3回閣僚級世界患者安全サミット(The Third Global Ministerial Summit on Patient Safety)

第3回閣僚級世界患者安全サミット(The Third Global Ministerial Summit on Patient Safety)
東京 平成30年4月13日(金)~14日(土)(13th April (Friday) - 14th April (Saturday) 2018, Tokyo)


 厚生労働省は、平成30年4月13日(金)、14日(土)にグランドハイアット東京にて第3回閣僚級世界患者安全サミットを開催しました。
 Ministry of Health, Labour and Welfare has hosted the third Global Ministerial Summit on Patient Safety on 13th April (Friday) and 14th April (Saturday) 2018, at Grand Hyatt, Tokyo.


 閣僚級世界患者安全サミットは、各国や国際機関のリーダーに患者安全の重要性を浸透させることを目的として2016年3月にイギリスのロンドンで初めて開催され、ドイツのボンで2回目の開催、そして第3回はアジアで初めて日本で開催されました。2日間で44カ国の代表団、国際機関等また座長や講演者、一般参加者等約500名が参加し、うち18カ国からは閣僚が参加しました。

 UK and Germany hosted successfully 1st and 2nd Patient Safety Global Ministerial Summit respectively for the purpose to inform the world leaders about the importance of patient safety. This year, Japan hosted the third Summit as the first host in Asia. There were approximately 500 participants from 44 national delegations (including 18 Ministers), International organizations, Chairs and Speakers and other representatives


 閣僚級会合では、患者安全の約20年の歴史と3回に渡る患者安全サミットの成果を踏まえ、地域レベル、世界レベルでのリーダーシップにより2030年までに世界中の誰でもどこでも医療制度を利用する全ての患者と人々に対し、避けられる全ての有害事象やリスクを低減することを目指し、患者安全の向上のためのグローバルな行動を呼びかけた「東京宣言」をとりまとめました。(資料1、2)

 MHLW announced Tokyo Declaration to welcome the vision and leadership of countries in building political sponsorship and momentum at the highest levels of government to address patient safety challenges globally as well as locally. The declaration reaffirms the commitment to improving patient safety in order to reduce all avoidable harm and the risk of harm to all patients and people during their interaction with health care systems, whoever they are, wherever they live, by 2030.


 本会合に併せ、加藤厚生労働大臣は、スイス連邦ベルセ大統領や英国ハント大臣のほか、デンマーク、ブルネイ、カンボジア、モンゴル、ミャンマー、ラオスの保健大臣などと個別会談を行いました。
 At the Summit, H.E. Alain Berset, President of the Swiss Confederation, Head of Federal Department of Home Affairs, Rt. Hon Jeremy Hunt, Secretary of State for Health and Social Care of the UK and the Ministers of Denmark, Brunei, Cambodia, Mongolia, Myanmar and Lao were invited to the Minister’s meeting.

◆共催・後援
 共催:一般社団法人日本医療安全調査機構、公益財団法人日本医療機能評価機構
 後援:国際協力機構(JICA)、国立研究開発法人国立国際医療研究センター

Co-Organizer, Co-sponsor

  Co-Organizer: Japan Medical Safety Research Organization , Japan Council for Quality Health Care

  Co-Sponsor  : Japan International Cooperation Agency , National Center for Global Health and Medicine


◆参加国
イスラエル、インド、インドネシア、英国、エクアドル、オーストラリア、オマーン、オランダ、カタール、カナダ、カンボジア、ギリシャ、クウェート、クロアチア、ケニア、サウジアラビア、 スイス、スペイン、スリランカ、スロバキア、タイ、タンザニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、日本、ニュージーランド、フィジー、フィリピン、フィンランド、フランス、ブルネイ、米国、ベトナム、ポーランド、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モンゴル、ラオス、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、ロシア

Participated Countries

Australia, Brunei Darussalam, Cambodia, Canada, Croatia, Czech Republic, Denmark, Ecuador, Fiji, Finland, France, Germany, Greece, India, Indonesia, Israel, Japan, Kenya, Kuwait, Lao Peoples Democratic Republic, Latvia, Lithuania, Luxemburg, Mexico, Mongolia, Myanmar, Netherlands, New Zealand, Oman, Philippines, Poland, Qatar, Russian Federation, Slovakia, Saudi Arabia, South Africa, Spain, Sri Lanka, Switzerland, Thailand, United Kingdom, United of Republic of Tanzania, United States, Viet Nam



◆参加国際機関など

世界保健機関(WHO)、経済協力開発機構(OECD)、世界銀行(WB)、アジア開発銀行(ADBI)、国際協力機構(JICA)、世界医師会(WMA)、患者安全推進財団(PSMF)

International Organizations

Asian Development Bank Institute ,Japan International Cooperation Agency ,Organization for Economic Co-operation ,Western Pacific Regional Office ,World Bank ,World Health Organization , Patient Safety Movement Foundation ,World Medical Association



 


各国代表者らと写真撮影を行う加藤厚生労働大臣(前列中央) / Minister Kato at the photo session with head of delegations (First row, centre)


英国ハント保健大臣と個別会談を行う加藤厚生労働大臣 / Minister Kato at the bilateral meeting with Rt. Hon. Jeremy Hunt, Secretary of State for Health and Social Care

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医療> 医療安全対策> 第3回閣僚級世界患者安全サミット(The Third Global Ministerial Summit on Patient Safety)

ページの先頭へ戻る