• JR新青森駅南口から1.5km。徒歩約15分。
    タクシーで5分。
  • 東北自動車道青森インターチェンジから約3km、約6分。
  • 青森空港から約14km、タクシーで約20分。
  • 国立療養所 松丘保養園
  • 〒038-0003
  • 青森県青森市大字石江字平山19番地
  • 法人番号 6000012070001
  • お問い合わせ
  • TEL: 017-788-0145 FAX: 017-788-0148

園長のメッセージ

 国立療養所松丘保養園をご訪問いただきありがとうございます。松丘保養園は全国に13カ所ある国立ハンセン病療養所の一つで2019年に設立110周年を迎えました。1909年(明治42年)4月1日に東北6県及び北海道の連合立として青森市油川に北部保養院の名称で設立されましたが同年10月1日には現在の青森市新城に移転しております。1941年(昭和16年)には厚生(労働)省に移管、国立療養所松丘保養園と改称され、我が国最北端の国立ハンセン病療養所として、設立以来一貫してハンセン病の医療を担当してきました。かつては800名以上の方が入所、療養生活を送られておりましたが、現在松丘保養園で療養生活を送られている入所者は58名まで減少し、平均年齢は88.8歳と高齢化しております。近年、日本でハンセン病を発症する患者さんは年に1-2人くらいで推移しており、松丘保養園では治療を必要とする新規の入所者は平成以降にはいらっしゃいませんので、入所者の数は毎年減少し続けております。入所者の皆様はかつてハンセン病を理由とした隔離政策のため入所を余儀なくされ、家族や故郷と離別し想像を絶した困難な人生を送られました。治療によりハンセン病が治癒された後も「らい予防法」の下、様々の要因で社会復帰できず園に留まり、今日までの平均在園期間は60年を超えております。入所者の出身地は北東北3県と北海道を中心に11都道府県に及び、それぞれに周囲の方からの偏見や差別、劣悪な生活環境など筆舌に尽くしがたい経験をお持ちです。
 現在入所の皆様はハンセン病についてはすでに治癒されております。しかし、殆どの入所者はハンセン病後遺障害である末梢神経障害による手足の障害、視覚障害などに加え、加齢による全身的合併症を抱えて療養生活をおくられております。歴史の語り部である入所者の皆様とのふれあいを通じてその苦難の歴史に触れるとともに、ハンセン病に関わる諸問題についてご理解をいただければと存じます。

園長 横山 慎