一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会へ 一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会へ
新着情報

地域共生社会とは

制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、
地域住民や地域の多様な主体が参画し、人と人、人と資源が
世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を指しています。

取組事例

全国各地で地域共生社会の実現を目指した様々な取組が展開されています。

地域共生社会の実現に向けた
取組の経緯

高齢化の中で人口減少が進行している日本では、福祉ニーズも多様化・複雑化しています 。
人口減による担い手の不足や、 血縁、地縁、社縁といったつながりが弱まっている現状を踏まえ、
人と人、人と社会がつながり支え合う取組が生まれやすいような環境を整える新たなアプローチが求められています。

重層的支援体制整備事業について

地域共生社会の実現を目指すための体制整備事業として、「属性を問わない相談支援」「参加支援」「地域づくりに向けた支援」を
一体的に実施する新たな事業が、令和3年4月よりスタートします。
※実施を希望する市町村による任意事業

他分野との連携

これまではつながりが薄かった分野と協働することにより、幅広い関係者の参画を促し、
取組を展開している実績事例をご紹介します。

関係規定/研修資料等

地域共生社会の実現に向けた取組や社会福祉法に関する「法律(概要・案文・新旧対照表)、
「政省令・告示(概要・案文・新旧対照表) 」、通知、ガイドライン、研修資料等をまとめています。