ホーム > 厚生労働省について > 資格・試験情報 > 第56回作業療法士国家試験の施行 > 点字試験、読み上げ試験及び試験時間の延長について

点字試験、読み上げ試験及び試験時間の延長について

一定の要件を満たした重度の視覚障害者に対して、一般問題については、点字又は読み上げあるいはその併用による試験を認め、実地問題については、実技試験を行います。一般問題については併せて試験時間の延長を行います。

また、一定の要件を満たした弱視者に対しても試験時間の延長を認めます。

対象となる障害の程度及び申請書類は、以下のとおりです。

1 対象となる障害の程度及び特別措置の内容

  1. (1)点字試験、読み上げ試験等
    • 対象となる障害の程度
      1. a視力の良い方の眼の矯正視力が0.03以下
      2. b視力の良い方の眼の矯正視力が0.04かつ他方の眼の矯正視力が手動弁以下
      3. c周辺視野角度(I/4視標による。以下同じ。)の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度(I/2視標による。以下同じ。)が28度以下
      4. d両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が20点以下
      aからdまでのいずれかを満たす者
    • 特別措置の内容
      一般問題:点字又は読み上げあるいはその併用、試験時間延長(試験時間を1.33倍に延長)
      実地問題:口述試験及び実技試験
  2. (2)試験時間の延長
    • 対象となる障害の程度
      1. a視力の良い方の眼の矯正視力が0.15以下
      2. b周辺視野角度の総和が左右眼それぞれ80度以下かつ両眼中心視野角度が56度以下
      3. c両眼開放視認点数が70点以下かつ両眼中心視野視認点数が40点以下
      aからcまでのいずれかを満たす者
    • 特別措置の内容
      一般問題:試験時間延長(試験時間を1.33倍に延長)
      実地問題:試験時間延長(試験時間を1.33倍に延長)

2 申請書類

以下の申請書類を令和3年11月26日(金曜日)までに作業療法士国家試験運営本部事務所に提出すること。
なお、申請書類は下記に定めた様式によること。

  1. (1)国家試験の受験に伴う配慮事項申請書(様式1 [82KB])
  2. (2)医師の診断書(様式2 [329KB])

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 厚生労働省について > 資格・試験情報 > 第56回作業療法士国家試験の施行 > 点字試験、読み上げ試験及び試験時間の延長について

ページの先頭へ戻る