労働委員会命令データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[命令一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名  東日本旅客鉄道(千葉動労幕張電車区配転) 
事件番号  中労委平成16年(不再)第3号 
再審査申立人  国鉄千葉動力車労働組合 
命令年月日  平成17年10月 5日 
命令区分  再審査棄却(初審命令をそのまま維持) 
重要度   
事件概要  会社は、組合員2名を、幕張電車区から京葉電車区又は習志野電車区に配置転換したことが不当労働行為であるとして、争われた事件で、千葉県労委は、組合の救済申立てを棄却した。
 組合は、これを不服として再審査を申し立てたが、中労委は、再審査申立てを棄却した。 
命令主文  主   文
本件再審査申立てを棄却する。 
判定の要旨  1300 転勤・配転
会社においては、平成7年度以降、新卒の高卒採用社員(平成採用社員)を、基本技能取得のため、まず取扱車種の少ない京葉、習志野電車区に配属し、その後毎年、両電車区から取扱車種の多い幕張電車区等へ異動させていること、13年度に京葉電車区又は習志野電車区から幕張電車区に異動となった5名のうち4名は20歳代の平成採用社員であったこと、千葉支社は、平成13年12月1日のダイヤ改正に合わせて検修関係区の要員の標準数を変更し、その結果、習志野電車区、幕張電車区、木更津支区の余力が生じ、京葉電車区では逆に要員が必要とされる

1300 転勤・配転
幕張電車区から京葉電車区、習志野電車区に配置転換した本件配転に関し、会社が人選基準として主張する、(1)「40歳代の中堅社員であること」との基準は、習志野電車区には40歳代が少ないため、50歳代の技術の承継や世代交代を考えて40歳代の社員を習志野電車区に転入させることには合理性が認められ、京葉電車区においても同様のことがいえること、(2)「余力のある箇所に従事している社員であること」との基準は、幕張電車区においては仕業検査業務には余裕が生じていたとみられ、仕業検査を担当する箇所はこれに当たるものと認められ

1300 転勤・配転
本件配転については、X1及びX2は業務上の必要性のもとに合理的な人選基準によって配転の対象となったものであること等から、本件配転により、幕張電車区での同人ら及び支部の組合活動に影響があったことは窺えないわけではないが、そのことをもって会社の不当労働行為意思により不利益取扱いがなされたと判断することはできず、また、本件配転が組合への支配介入に当たるということもできないとされた例

業種・規模  鉄道業 
掲載文献   
評釈等情報   

[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
千葉県労委平成14年(不)第4号 棄却 平成16年1月7日
東京地裁平成18年(行ウ)第20号 棄却 平成19年9月12日
東京高裁平成19年(行コ)第350号 棄却 平成20年6月17日
 
[全文情報] この事件の全文情報は約218KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。