個別労働紛争のあっせん

会社に訴えても改善されない

 

会社内では解決しきれないなぁ

 

このような問題の解決を無料でお手伝いできる制度を

「個別労働紛争のあっせん」と言います。

詳しくは、以下のとおりです。

個別労働紛争のあっせんとは

 職場において、働く個人(労働者)と事業主(使用者)との間で、賃金、解雇、配置転換など労働条件に関係してトラブルが発生し、当事者間で解決を図ることが困難な場合は、各都道府県労働委員会において、労働問題の専門家である委員によってトラブルを解決するお手伝いをいたします。


労働委員会が行うあっせんの利点

 労働問題の専門家で経験も豊富なあっせん員が三者構成(公益側(学識経験者等)、労働者側(労働組合役員等)、使用者側(会社経営者等))で一体となって丁寧なあっせんを行います。

費用は一切かかりません。(資料郵送の切手代等がかかる労委もあります。)


個別的労働紛争の調整事例と解説  

 労働委員会で実際に取り扱った事件を参考に、中央労働委員会において作成したフィクションの労働紛争について、あっせん等により解決に至るまでの実際の姿を解説付きでわかりやすく紹介しています。

個別労働紛争の取扱状況  

 個別労働紛争のあっせん件数等を掲載しています。

動画でわかる個別労働紛争のあっせん手続 

 個別労働紛争のあっせん手続の流れについて、再現ドラマとして紹介しています。

あっせんの流れ 

 大まかな例を掲載しています。

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律


Q&A 

 よくある質問をまとめています。


【このページの編集担当】
中央労働委員会事務局
個別労働関係紛争業務支援室
 
このページのトップへ