ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 統計情報をご利用の方へ > 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル

平成29年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル

印刷用のPDFファイルのダウンロードはこちらから(PDF:1,835KB)

目次

1 死亡診断書(死体検案書)の意義
2 死亡診断書と死体検案書の使い分け
3 医師が患者の死亡に立ち会えなかった場合
4 作成に当たっての留意事項

(1) 一般的事項

(2) 「死亡診断書(死体検案書)」

(3) 氏名・性・生年月日

(4) 死亡したとき

(5) 死亡したところ及びその種別

(6) 死亡の原因

(7) 死因の種類

(8) 外因死の追加事項

(9) 生後1年未満で病死した場合の追加事項

(10) その他特に付言すべきことがら

(11) 「診断(検案)年月日」等

5 その他の留意事項

(1) 人口動態調査への協力について

(2) 死亡診断書(死体検案書)の取扱いについて

参考[1] 「原死因ってどう決めているの?」

参考[2] 疾病、傷害及び死因の統計分類(ICD準拠)の解説

参考[3] 死亡診断書(死体検案書)作成ソフト

参考[4] 医師臨床研修制度について

付録 出生証明書及び死産証書(死胎検案書)記入マニュアル

照会先

(死亡診断書の記入方法に関すること)  厚生労働省医政局

医事課企画法令係

TEL:03-5253-1111(内線 2569)

(死亡統計に関すること)  厚生労働省政策統括官付

参事官付人口動態・保健社会統計室

企画指導係

TEL:03-5253-1111(内線 7466)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 統計情報をご利用の方へ > 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル

ページの先頭へ戻る