ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(統計・情報政策担当)が実施する検討会等 > 国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会 > 第4回国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会の開催について




公開

頭撮り可

平成30年3月8日(木)

 厚生労働省政策統括官付参事官付

 世帯統計室  北、佐藤

 (代表) 03-5253-1111(内線7583、7585)

 (直通) 03-3595-2974

 (FAX) 03-3595-1606


第4回国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会の開催について

標記について、下記のとおり開催いたしますので、お知らせいたします。

1.日時

平成30年3月26日(月) 14時00分〜16時00分


2.場所

厚生労働省政策統括官(統計・情報政策担当)会議室(中央合同庁舎5号館21階11号室)
(東京都千代田区霞が関1−2−2)


3.議題

1 国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会報告書(案)について
2 その他


4.傍聴者数

若干名

5.募集要領

○傍聴者の募集は、研究会の開催の都度、実施します。
○今回の傍聴申込みの締切りは、3月16日(金)17時00分(必着)です。
○FAX又は電子メールにてお申し込みください。なお、お電話でのお申し込みはご遠慮ください。
<宛先>
厚生労働省政策統括官付参事官付世帯統計室 企画開発係 宛
・FAX番号:03−3595−1606
・電子メールアドレス:kokusei-kikaku@mhlw.go.jp
※FAX番号、電子メールアドレスのお間違いにご注意ください。
○記載事項
・「第4回国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会 傍聴希望」と明記の上、傍聴希望者の「お名前(ふりがな)」、「ご住所」、「お電話番号」、「FAX番号」、「勤務先」又は「所属団体」をご記載ください。なお、頭撮りを希望される場合は「頭撮り希望」と併せてご記載ください。
※複数名お申し込みの場合も、必ずお一人ずつの記載事項をお書きください。
○希望者が多数の場合は抽選を行い、傍聴できない場合もありますので、ご了承ください。抽選の結果、傍聴できない方に対しましては、後日ご連絡を差し上げます。(傍聴可能な方には特段通知等いたしません。)
○記者及び傍聴者は、本開催案内と身分証(写真付き)を持参し、入庁の際に警備員にご提示ください。
○研究会は原則公開とします。
○カメラ等の撮影については、頭撮りとします。
○傍聴される方は、次の「傍聴される方への注意事項」を遵守してください。


別紙

傍聴される方への注意事項

傍聴に当たっては、次の注意事項を遵守してください。これらをお守りいただけない場合は、退場していただくことがあります。

1 事務局の指定した場所以外に立ち入ることはできません。
2 携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
3 写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(あらかじめ申し込まれた場合は、会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます)。
4 会議の妨げとならないよう静かにしてください。
5 その他、研究会座長及び事務局職員の指示に従ってください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(統計・情報政策担当)が実施する検討会等 > 国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会 > 第4回国民生活基礎調査の非標本誤差の縮小に向けた研究会の開催について

ページの先頭へ戻る