ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 薬事・食品衛生審議会(食品衛生分科会器具容器包装・乳肉水産食品合同部会) > 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 器具容器包装・乳肉水産食品合同部会




(平成30年2月28日)

医薬・生活衛生局食品基準審査課

吉原、森吉(内線2488、2489)

 (電話代表) 03(5253)1111


薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 器具容器包装・乳肉水産食品合同部会

標記の会議を以下のとおり開催します。
傍聴を希望される方は募集要領によりお申し込みください。

1.日時

平成30年3月12日(月)14:30〜16:30


2.場所

中央労働委員会 講堂
(〒105-0011 東京都港区芝公園1−5−32 労働委員会会館7階)


3.議題

(1) 乳幼児を対象とする調製液状乳の規格基準の設定について
(2) 生菌末を含む調製粉乳の厚生労働大臣の承認手続について
(3) その他


4 傍聴の申込み方法

(1)傍聴を希望する場合は、傍聴希望者の1.氏名(ふりがな)、2.所属組織(団体・会社名等)、3.住所、4.電話番号、5.ファクシミリ番号(又はメールアドレス)を記入の上、平成30年3月7日(水)(必着)までに、下記申込先にファクシミリ又は電子メールにより、お申し込みください。また、題名には「薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会器具容器包装・乳肉水産食品合同部会 傍聴希望」とお書きください。

厚生労働省医薬・生活衛生局食品基準審査課 乳肉水産基準係宛て
ファクシミリ番号:03-3501-4868
メールアドレス:nyuniku@mhlw.go.jp

(2)希望者多数の場合は、抽選によることとします。傍聴の可否については、傍聴可能な方にのみファクシミリ又は電子メールにより3月9日(金)18:00までに連絡します。予め御了承ください。
(3)申込みは傍聴者1名につき1通とします(消費者団体・食品関係業界団体の傍聴については、会員へ広く周知を図る観点から、各団体1名に限り優先することとします)。

5 傍聴される方の留意事項

傍聴に当たっては、次の留意事項を遵守してください。これらを遵守できない場合は、退場していただくことがあります。
(1)入場にあたっては本人確認を行いますので、傍聴券、写真付身分証明書(社員証や免許証など)を持参してください。
(2)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。
(3)携帯電話等音の出る機器については、電源を切るか、マナーモードに設定してください。
(4)写真撮影、ビデオ撮影、録音をすることはできません(会議冒頭の頭撮りに限って写真撮影などをすることができます。)。
(5)会議の妨げとならないよう静かにしてください。
(6)その他、座長と事務局職員の指示に従ってください。

※ なお、部会終了後、同会場にて記者ブリーフィングを行う予定です。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 薬事・食品衛生審議会(食品衛生分科会器具容器包装・乳肉水産食品合同部会) > 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 器具容器包装・乳肉水産食品合同部会

ページの先頭へ戻る