ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 医政局が実施する検討会等 > 医師の働き方改革に関する検討会 > 「医師の働き方改革に関する検討会」が「中間的な論点整理」と「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を取りまとめました




医政局

医師・看護師等働き方改革推進官 乗越 徹哉(内線2592)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2206

医政局総務課

課長補佐 谷 俊輔(内線2516)

(代表番号) 03(5253)1111

(直通番号) 03(3595)2189

「医師の働き方改革に関する検討会」が「中間的な論点整理」と「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を取りまとめました

「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)に基づき厚生労働省が設置している「医師の働き方改革に関する検討会」が、このたび、「中間的な論点整理」及び「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を取りまとめましたので公表します。

「中間的な論点整理」は、これまでの検討会の議論において出された意見を列挙する形で、中間的な意見の取りまとめを行うものです。
また、「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」は、検討会の議論において明らかとなった医師の長時間労働の実態を踏まえ、医師の時間外労働規制の施行を待たずとも、勤務医を雇用する個々の医療機関が自らの状況を踏まえ、できることから自主的な取組を進める必要があるとされたことから、個々の医療機関で取り組んでいただきたい項目をまとめたものです。

検討会では、「中間的な論点整理」を踏まえ、来年3月を目途に最終報告を取りまとめられるよう、今後も議論を進めていくこととしています。
厚生労働省としては、「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を都道府県や病院団体等を通じて各医療機関に周知していくとともに、各医療機関において、できるものから速やかに実行していただくよう求めていくこととしています。

【中間的な論点整理の項目】
1 なぜ今医師の働き方改革が必要なのか
2 医師の勤務実態の分析状況と今後の検討に関する論点
3 勤務環境改善に関する取組の現状と今後の方向性に関する論点
4 経営管理の観点に関する論点
5 時間外労働規制の在り方についての今後の検討に関する論点
6 関係者の役割に関する論点

【緊急的な取組の項目】
1 医師の労働時間管理の適正化に向けた取組
2 36協定の自己点検
3 既存の産業保健の仕組みの活用
4 タスク・シフティング(業務の移管)の推進
5 女性医師等に対する支援
6 医療機関の状況に応じた医師の労働時間短縮に向けた取組

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 医政局が実施する検討会等 > 医師の働き方改革に関する検討会 > 「医師の働き方改革に関する検討会」が「中間的な論点整理」と「医師の労働時間短縮に向けた緊急的な取組」を取りまとめました

ページの先頭へ戻る