ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 職業安定局が実施する検討会等 > 同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 > 同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 中間報告




平成28年12月16日(金)

職業安定局派遣・有期労働対策部企画課

雇用支援企画官 河村 のり子(5339)

企画調整専門官 山崎 直毅(5269)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)3352


同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 中間報告

 厚生労働省では、総理より「我が国の雇用慣行には十分に留意しつつ、同時に躊躇なく法改正の準備を進め」る旨、また、「どのような賃金差が正当でないと認められるのかについては、政府としても、早期にガイドラインを制定し」ていく旨の指示があったことに基づき、我が国における「同一労働同一賃金」の実現に向けた具体的方策について、本年3月から検討が重ねられているところです。
 この度、「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 中間報告」がとりまとめられましたので、公表いたします。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 職業安定局が実施する検討会等 > 同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 > 同一労働同一賃金の実現に向けた検討会 中間報告

ページの先頭へ戻る