ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(総合政策担当)が実施する検討会等 > 労働政策担当参事官室が実施する検討会等 > 「働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために」懇談会 > 働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために懇談会 報告書




平成28年8月2日

政策統括官付労働政策担当参事官室

企画官   佐藤 俊 (内線7714)

室長補佐 川野辺 健太 (内線7799)

(代表電話) 03(5253)1111

働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために懇談会 報告書

 厚生労働省では、20年後の2035年を見据え、技術革新による経済・社会の変化なども踏まえた上で、多様な人材が一人ひとりの個性を活かして働くことができる未来の働き方を検討するため、本年1月から「働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために」懇談会を開催してきました。
 8月2日、これまでの議論を踏まえて別添のとおり報告書が取りまとめられ、金丸座長より塩崎恭久厚生労働大臣に手交されましたので公表します。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 政策統括官(総合政策担当)が実施する検討会等 > 労働政策担当参事官室が実施する検討会等 > 「働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために」懇談会 > 働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために懇談会 報告書

ページの先頭へ戻る