ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 年金局が実施する検討会等 > 精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会 > 精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第4回)議事要旨(2015年5月22日)




2015年5月22日 精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第4回)議事要旨

○日時

平成27年5月22日(金) 17:30〜19:30


○場所

厚生労働省専用第14会議室(12階)


○出席者

安西座長、青木構成員、青嶌構成員、有井構成員、岩坂構成員、
栗原構成員、後藤構成員、富岡構成員、西村構成員

○議題

(1)等級判定のガイドラインの検討について
(2)その他

○議事

〈議事要旨〉
 ○具体的な認定事例を基に、等級判定のガイドラインについて検討がされた。 
 ○なお、構成員からは、
  ・「日常生活能力の程度」と「日常生活能力の判定」の組み合わせ方式により目安を設ける妥当性は高い。
  ・支援者や事業所など周囲の援助・配慮があれば、就労が常勤に近くても、必ずしも日常生活能力とイコールではない。 
  などの意見が出された。 


<照会先>

年金局事業管理課給付事業室障害認定企画係
03−5253−1111(内線3603)

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 年金局が実施する検討会等 > 精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会 > 精神・知的障害に係る障害年金の認定の地域差に関する専門家検討会(第4回)議事要旨(2015年5月22日)

ページの先頭へ戻る