ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 社会保障審議会(厚生年金基金の特例解散等に関する専門委員会) > 第8回厚生年金基金の特例解散等に関する専門委員会 議事要旨(2014年12月15日)




2014年12月15日 第8回厚生年金基金の特例解散等に関する専門委員会 議事要旨

○日時

平成26年12月15日(月)18:00〜20:00


○場所

厚生労働省白金台分室(2階特別会議室)


○出席者

森戸委員長、渡邊委員長代理、鈴木委員、高橋委員、高場委員、照沼委員、苗代委員

○議題

特例解散認可申請等に関する審議について

○議事

〈議事要旨〉

○ 前回継続審議とされた2件の特例解散の認可申請等について再審議され、そのうち1件については条件を満たせば妥当とすることとされ、1件については継続審議とされた。
○ なお、委員からは、
 ・収支状況、貸借対照表・損益計算書、キャッシュフローの情報から、納付猶予期間が長すぎると思われる事業所については、個別に短縮を促すことが必要
 ・納付猶予期間が5年を超える場合に記載することとされているやむを得ない理由は、最近の業績や負担等を踏まえて、具体的に記載することが必要
 ・また、理由によっては、現行の基金掛金額以上の負担を求めることが必要

などの意見があった。


ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 社会保障審議会(厚生年金基金の特例解散等に関する専門委員会) > 第8回厚生年金基金の特例解散等に関する専門委員会 議事要旨(2014年12月15日)

ページの先頭へ戻る