ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 健康局が実施する検討会等 > 原爆症認定制度の在り方に関する検討会 > 第18回原爆症認定制度の在り方に関する検討会




平成24年12月18日(火)

(照会先)

健康局総務課原子爆弾被爆者援護対策室

室   長 榊原 毅(内線2956)

室長補佐 大竹 輝臣(内線2314)

室長補佐 黒木 弘雅(内線2315)

(TEL) 03−5253−1111

(直通) 03−3595−2207


第18回原爆症認定制度の在り方に関する検討会

議事次第

平成24年12月18日(火)
15:00〜17:00
中央合同庁舎第5号館 厚生労働省 専用第14会議室(22階)


1.開会


2.議事
 
  (1)各方向性のより詳細な検討について
  (2)その他


3.閉会


<配付資料>

○名簿

名簿(PDF)


○座席表

座席表(PDF)


○議事次第

議事次第(PDF)


○資料一覧

資料一覧(PDF)


○資料

資料1

第17回検討会における主な発言(PDF)


資料2

議論のポイントと各方向性の整理表(集約版)(PDF)


資料3

認定疾病の重篤性のイメージ(PDF)


参考資料

医療特別手当の現状について(第17回検討会資料3から抜粋)(PDF)


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 健康局が実施する検討会等 > 原爆症認定制度の在り方に関する検討会 > 第18回原爆症認定制度の在り方に関する検討会

ページの先頭へ戻る