ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 薬事・食品衛生審議会(副作用・感染等被害判定第一部会) > 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会議事要旨




2011年10月27日 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会議事要旨

医薬食品局

○日時

平成23年10月27日(木)14:00〜


○場所

厚生労働省 専用第21会議室


○議事

○副作用被害判定について

1.請求等の内訳
新規   105件
継続    10件
現況     7件
改定     1件


2.判定結果
・支給決定することが適当と考えられるもの       108件
(内訳)
請求どおり支給決定するもの           45件
請求期間の一部について支給決定することが適当である      62件
請求内容の一部について支給決定することが適当である       1件

・不支給決定することが適当と考えられるもの      14件
※追加情報を得て、再度審議することが適当と考えるもの(保留)1件

3.主な意見
(1)不支給決定することが適当と考えられるもの
・医薬品の使用が適正であったと認められないため、不支給とすることが適当である。                6件
・疾病、障害又は死亡が医薬品の副作用により発現したと認められないため、不支給とすることが適当である。       3件
・入院を要すると認められる場合に必要な程度の医療に該当しないため不支給とすることが適当である。          2件
・判定不能のため、不支給とすることが適当である。   2件
・障害であると認められないため、不支給とすることが適当である。               1件

(2)請求期間の一部について不支給決定することが適当と考えられるもの
・一部の期間に行われた医療については、入院を要すると認められる場合に必要な程度の医療に該当しない、又は副作用とは別の症状に対する医療に該当するため不支給とすることが適当である。 62件

(3)請求内容の一部について不支給決定することが適当と考えられるもの
・障害の程度が政令で定める障害等級に該当しないため、不支給とすることが適当である。           1件


備考
本部会は、個人のプライバシーの関係から非公開で開催された。

連絡先:医薬食品局 安全対策課 判定調査官 秋元(内線2757)

ホーム > 政策について > 審議会・研究会等 > 薬事・食品衛生審議会(副作用・感染等被害判定第一部会) > 薬事・食品衛生審議会 副作用・感染等被害判定第一部会議事要旨

ページの先頭へ戻る